スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【悩んで結局買わない】ホイールジプシー

※この記事は2013年12月の出来事を思い出しながら書いています。




5月のNEWバイク購入から欲しい物がハッキリして、タイミングが合えば買おうと思っていたホイール。

完成車に付いていたモノがそれなりだったので、走れば走るほど必要性を感じなくなり気付けば2013年も年末です。

普段は必要に感じなくても、速く走る為にはあるに越したことはない。

2014年から予定しているヒルクライムイベントへの参加や、ショップの走行会に向けてそろそろホイールを購入しようと考えていました。


ショップのビギナーライドも終わり、クラブ員登録が可能となったのでショップで規約を確認したのですが、
『機材は当店で購入した物を使用してください。』
と書いてありました。

このことを店長に聞くと、
『まぁ、原則として。ってことだと思ってください。』
と言われたのですが、気持ちよくメンテナンスをしてもらうことも考えてホイールはショップで購入しようと決めました。


これまでに購入を考えていたホイールは

Fulcrum Racing ZERO

Campagnolo SHAMAL ULTRA

Shimano WH-9000 C24

Mavic KSYRIUM SLS

Mavic R-Sys

このあたり。
他にも候補はありましたが、私は何かを買う時は
『どうせまた欲しくなるなら、最初から上位モデルを買っちまえ
という考えなので、アルミクリンチャーのフラッグシップ的な物の中から選ぶことにしました。

決戦用のカーボンディープも考えましたが、ダウンヒルが苦手でブレーキの多用に不安があったことと、普段使いも考慮してアルミクリンチャーという選択です。


ネットのインプレではZEROやSHAMALの評価が高く、コスト面を含むとC24も高評価。

KSYRIUMも昔からの愛用者が多く高評価。

R-Sysはあまり評判が良くないですね。

登りに特化したホイールの様ですが、登りの評価も良からず悪からず。
平坦に関しては漕ぎ出しはいいけど、丸スポークなので30kmくらいから全く伸びない。と叩かれまくり。

ヒルクライム向きのホイールが欲しかったので、第一候補だったんですけどねぇ


色々考えるとC24がアタリハズレなく、価格もこの中では抑えられているのですが、唯一の弱点とも言える見た目が ・・・

ということで、見た目が好みでネガティブ評価の少ないZEROの購入を決めました

購入するホイールも決まりショップに行くと、Mavicキャンペーンなるものがもうすぐ始まるとのこと。
キャンペーン内容は店舗在庫のMavicホイールが全品20%off

Racing ZERO を購入するつもりでショップに行ったのに、
『それならMavicにします。』
とZEROの購入を見送り帰宅。

店舗在庫と言っても全店で7店舗あるので、キャンペーン直後なら選び放題です。

Mavicから選ぶとなると2択なのですが、この時点ではネットの評価を無視してR-Sysの購入を決めていました。

同じMavicのCosmic SLもネットの評価は悪いのに、実際に使っている人の評価はかなり良いのでR-Sysもきっと大丈夫でしょう


まあ、この記事をご覧になっている方の予想通り結局R-Sysではないホイールを選ぶことになるんですけどね。。。


ランキング参加中です。
ポチッと応援よろしくお願いします。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

パワータップホイールに行ってしまった自分は邪道か(o*>ω<*)o

Re: No title

> とらさん

トレーニングとして買うならむしろ王道ですね。
無制限にお金を使えるならパワークランクの方がいいのでしょうけど。
プロフィール

寿司屋

Author:寿司屋
メタボ脱却の為に32歳にして自転車に乗り始めました。
スポーツ経験も無く、運動不足の運動オンチおじさんですが、それなりに楽しくやってます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


Feel free to follow me
Strava

↑↑↑
STRAVAのフォローはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
フリーエリア
STRAVA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。