スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大磯クリテリウム 第二戦 エリートクラス編

※この記事は2013年12月の出来事を思い出しながら書いています。



またまた前回の続きです。
大磯クリテリウムの記事は今回で最後になりますので、もう少しだけお付き合いお願いします


小田原港で昼食を済ませ大磯ロングビーチまで戻ってきて数分後、我らが店長も出場する最終レースのエリートクラスが始まります。


『出場者はスタート地点に集まってください。』
というアナウンスが流れ、選手がスタート地点に向かっていきます。

と・・・
あれ?さくそ・・てぃんこふ?

何か見覚えのあるジャージと顔が目の前を通過して行く。


その少し後にまたアナウンスが流れます。

『招待選手の紹介です。
チーム Saxo Tinkoff 宮澤崇史 選手』


見間違いではなかったようです。
なんとエリートクラスには宮澤選手も出場。
ミーハーな私はワクワクが止まりません

招待選手は他に3人。
イナーメの小室雅成選手、愛三の福田真平選手、BFYの山本雅道店長も招待されていたようです。

山本店長と少し前にお店で話した時は
『エントリー料しっかり払って準備万端です。』
とか言ってたのになぁ。


招待選手の紹介が終わり、0.9㎞ 33周回のエリートクラスがスタートします。

エリートクラスは序盤からものすごいスピードで周回を重ねていきます。
1周1分10秒前後のペース。

かなり速い人でもちぎれて周回遅れになってしまうほどです。

普段はニコニコしているBFYの山本店長も、このレースの時はものすごい攻撃的な雰囲気全開。



もちろん我らがYOUCAN店長もいつもは見られない全開の走りで頑張っています。

集団はひと塊のまま逃げが決まることもなく周回していきます。

そして10周目辺りで宮澤選手が強烈なアタック


このアタックについていけたのは、福田真平選手、小室雅成選手を含めて6人ほど。

ほとんどの選手は反応できず、この逃げ集団はローテーションしながらどんどん差を広げていきます。

我らがYOUCAN店長も残り周回数では逃げに追いつけないと思い、追走しようと集団から飛び出しますが、誰も反応せず
諦めて集団に戻ってきます。

レースはそのまま逃げ集団が差を広げ、残り2周くらいでイナーメの選手がアタック

そのまま逃げ切り大差でフィニッシュ。





2位は激しいスプリントを制した福田真平選手。



BFY山本店長は
『途中で足がなくなった。』
とDNF。

我らがYOUCAN店長も
『久しぶりに口の中が血の味がした。』
と出し切って集団ゴール。


初めて観戦したレースはかなり衝撃的なものでした。


レースが終わり、帰りも自走で帰ったのですが店長はもちろん、なぜか私もヘロヘロになりながら帰宅。

そして解散時にSさんから

『寿司屋さんMR

と叫ばれる。

(わかりました。ちゃんと行きますから。。。)

Sさんがなぜ私をこんなに激しく勧誘するかはさておき、とても充実した楽しい1日となりました。


ランキング参加中です。
ポチッと応援よろしくお願いします。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どんだけMR連れて行きたんですかww

Re: No title

> とらさん

なかなか参加者が増えないので激しく勧誘したようなのですが、MRに行って参加者が増えない理由がわかりましたよ。
プロフィール

寿司屋

Author:寿司屋
メタボ脱却の為に32歳にして自転車に乗り始めました。
スポーツ経験も無く、運動不足の運動オンチおじさんですが、それなりに楽しくやってます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


Feel free to follow me
Strava

↑↑↑
STRAVAのフォローはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
フリーエリア
STRAVA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。