お悩み相談頂いています ~決戦用バイクの軽量化~

こんばんは。
寿司屋です。


今週からは少しブログに時間を使えそうな気がしていたのですが、どうやら思い過ごしだったようです
また更新が滞っちゃうかも。。。

なにかあったら「忙しいけど元気にやっている」と思っておいてください。



では早速ですが本題です。
タイトルの通り、今日は久々に頂いたお悩み相談の企画になります。


今回のお悩みは

富士ヒルクライムに出場する事になり、自分自身+バイクの軽量化を考えております。

ホイール以外では、ハンドル・ステム・シートポストなどが当てはまると思いますが、どの様に選定していったら良いのでしょう?

完成車なので、それぞれの重量を計って選んでかなきゃならないのかな?

※カーボン化は考えていません



まずは ネタ提供 お悩みありがとうございます



ヒルクライムレースに向けて決戦用バイクの軽量化というのは気になるものですよね。

私も一時期は決戦用超軽量バイクを組んでみようかと思ったことがあります。

ただ、正直なところ表彰台や入賞を狙ったり、1秒を削ぎ落とすくらいの気持ちがないのであれば、そこまで軽量化にはこだわらなくても良いのではないかと思います。

対費用効果が大きく、簡単に交換が可能なパーツはホイールになると思うのですが、今回のお悩みでは「ホイールとフレーム以外(?)のパーツで軽量化を考えているようなので、その2点の話は省かせて頂きますね。


で、その他のパーツで何を軽量化するのか?という点についてですが、質問者さんが例として挙げた ハンドル・ステム・シートポストも軽量化の対象になるとは思いますが、現在付いているパーツの重量によってはあまり軽量化できない可能性があります。

完成車でもそれなりのパーツが付いていれば、軽量パーツに交換しても一箇所で50g変わるかどうか?といったところではないでしょうか?(推測です)

人によってはそれを大きく違うと考えるかもしれませんが、150gというと

サトウのごはん(小盛り)1つ分くらいです。
費用対効果を考えるとイマイチではないでしょうか?


それ以外に私の知る方法で効果が大きそうなのは
フロントシングル化
これはその名の通り、フロントのチェーンリングを1枚にしちゃえ!っていう軽量化方法なのですが、チェーンリングが1枚減り、FDとシフトワイヤーも必要なくなるのでそれだけでも200g前後軽量化が出来ることになります。

そしてフロント側のSTIレバーをブレーキレバーに変更してしまえばさらなる軽量化も狙えちゃいます


ただ、200gっていうと

サトウのごはん(普通盛り)1つ分くらいなんですよね・・・


ちなみに、お世話になっているショップの店長が今シーズンのシクロクロスでフロントシングル化をしたのですが、
「回転するパーツなので、重量以上に効果を感じる」
と言っていました。
※効果には個人差があります


あとは視点を変えて、ヘルメットやシューズを軽量な物に変えたり、ボトルケージを外す&ボトルを持たない。なんていう方法もありますが、どれも数グラムの積み重ねですし、それなりのデメリットもありますからね。。。

こだわる人はレース時に靴下を履かなかったり、サイコンを付けなかったりするみたいなのですが、私の場合はそこまでするレベルでもありませんし


質問者さんもチラッと触れていますが、富士ヒルクライムまではまだ2ヶ月ほどありますし、自分自身を軽量化するのが一番安上がりで効果的な気がする今日この頃です。


ただ、自転車をいじるのも楽しみのひとつですから、無理ない予算で軽量化してみるのもいいと思いますよ


っていう微妙な回答になりましたが、いかがでしたでしょうか?


追記
タイヤとチューブの交換も対費用効果が高くオススメです。というコメントを頂きました。
コメント欄も合わせてご覧になってください。





応援クリックありがとうございます。
励みになります






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
結果にコミットする??








テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして、いつもブログを拝見させていただいています。
ブログ再開されましてなによりです。

登りの軽量化で、地味に効果があるのはタイヤとチューブです。
超軽量タイヤとチューブにすれば、前後で100gくらいは軽量化可能でしし、25Cの重めのタイヤを履いている方ならば、それ以上軽くなります。

回転体の100gの大きさは、自転車乗りならばご存知でしょう。
そしてなによりコストが安くすみます。
ホイールで100g軽量化なら10万コースですが、タイヤ、チューブならば1万強で可能です。

普段使いにはパンクリスクが高まるのでオススメできませんが、ヒルクラレースならばかなりオススメです。

フロントシングル化に興味津々なコーラです(≧∇≦)b

リアが乙女なせいか(笑)最近はとんとインナーを使いません♪
まぁその程度ののんびりペースということなんですけど^^;

なので最近は《フロントシングル&リアにでっかいスプロケ☆》のロードが欲しいなぁなんて思ってまーす(//∇//)

カンパで出してくれませんかねぇ\(^o^)/

Re: No title

≫MakiReiyaさん

はじめまして。
いつもありがとうございます。

タイヤの事すっかり忘れていました(^^;;
かくいう私も去年は富士ヒル直前にタイヤとチューブを交換したんですよね。
仰る通りタイヤとチューブは費用対効果が大きいアイテムだと思います。

追記にて補足させて頂きます。
ありがとうございました(^-^)

Re: タイトルなし

≫コーラさん

チェーン落ちしやすかったりデメリットも多いみたいですよ。

それにしてもインナーほぼ使わないとかどんだけ剛脚なんですか・・・

寿司屋さん、こんにちは。

毎度助かりますm(_ _)m

本日、自転車屋さんに寄ったら、MakiReiyaさんと同じ様にタイヤの事を言われました。
※MakiReiyaさんもありがとうございます。

実はプロ3を購入済みなので、富士ヒルクライムの前に交換予定です( ´艸`)

そしてホイールはゾンダにするかレー3にするか悩み中。。。
(´-`).。oO(シャマルウルトラも候補に…

まずは減量です(T_T)

Re: タイトルなし

≫そばさん

こんにちは。
こちらこそいつも助かってますよー。

タイヤの事はすっかり忘れてしまっていたのでMakiReiyaさんのコメントに助けられましたよ。
ヘタしたらホイール交換と同等かそれ以上に効果があるので、富士ヒルの少し前にタイヤ交換してひと皮だけ剥いてやるといいと思います。

ホイールは無駄にならないのでいけるならシャマルをぜひ( ^ω^ )

No title

ご無沙汰しております。TaQです。

ヒルクライムに向けての軽量、自分の場合自重が重いのでそこまでハマったことはありませんが、4.7kg軽くなると必要パワーが10%〜12%低くなるって聞くといろいろ考えてしまいますね。
ただ、車重を減らしてパワーの伝達系が減ってしまっては元も子もないので、自分としては、ホイール(タイヤ・チューブを含む)だけ気にすればいいのかなぁと思っています。

あと案外変化あるとすればサドルじゃないでしょうか?
サドルが軽くなるとダンシングの振りも軽くなって、結構楽になりますから。

ということで、よかったら参考にしてください〜。

Re: No title

≫TaQさん

こんばんはー。

パワーメーターを使っている今だと10〜12%のデカさがよくわかります(笑)

仰るように軽さを追い求めすぎると剛性が落ちてしまうこともありますからこの辺は慎重に行った方が良いでしょうね。
ホイールやタイヤ、チューブは評価が確立されている物なら大ハズレはないと思うので、冒険しなければ無難にグレードアップが出来ると思います。

サドルはダンシングを多用する方なら恩恵は大きいでしょうね。
ヒルクライムレースなら少しの時間我慢すれば座り心地なんて関係ありませんし。
まあ私くらいのレベルだと何をしてもあまり変わらないのですが(笑)
プロフィール

寿司屋

Author:寿司屋
メタボ脱却の為に32歳にして自転車に乗り始めました。
スポーツ経験も無く、運動不足の運動オンチおじさんですが、それなりに楽しくやってます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


Feel free to follow me
Strava

↑↑↑
STRAVAのフォローはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
フリーエリア
STRAVA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR