スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大磯クリテリウム 第二戦 ビギナー1クラス編

※この記事は2013年12月の出来事を思い出しながら書いています。




前回の記事の続きです。

準備が整い、大磯クリテリウム第二戦ビギナー1クラス+中学生男子がスタートします。

約0.9㎞コースの10周回で争われるこのレース。
周回遅れになるとDNFという以外のルールは特になし(だと思う)


スタート直後、Kマサ君は先頭から2番目辺り、Oさんも先頭から5番目くらいの位置をキープ。

Kマサ君は『こんなにゆっくりなの?』といった表情で後ろを何度も確認しながら余裕そうに走る。

Oさんはまるでポタリングかのようにリラックスしたフォームで、かるーくペダルを回している感じ。

予想はしてたけど、ビギナークラスに参加している本当のビギナーはごく一部

そんな余裕の走りを見せる先頭集団とは打って変わって、後方ではついていけない選手がちぎれ始める。

3周目では早くも1人がDNF。

Kマサ君は相変わらず後ろをチラチラ見ながら走り、OさんはそんなKマサ君を見て少し笑っているように見えた。


そして5周目。

ホームストレートの立ち上がり付近で観戦していた私の前に、前走者とハスった選手がぶっ飛んでくる

目の前で落車し、アスファルトに思いっきり頭を打ちつける。

その選手は倒れたまま動かなくなってしまったが、後続車が次々にやってくる。

すぐにでも助けたいところだったが、コースに入って良いものかわからず、とりあえず周囲にいた人達と
『落車!落車!』
と叫び、スタッフと後続の選手たちに伝えた。

落車した選手は頭を打って脳震盪(だったのかな?)を起こしたものの、コース外でしばらく休むと顔に軽い擦り傷があるくらいで大事には至らなかったみたい。

もう使えないだろうと思われるそのヘルメットが衝撃を物語っていた。

不謹慎だけど落車の直後、その選手のお洒落なマットブラックのLOOKを見て『ああ、高そうな自転車が・・・』と思ってしまった。

しばらくして落ち着いたあとに『頭を打っているので念の為に病院で検査受けてくださいね。』と言われていたけど、プロ選手ではない私達は翌日から普通の生活が待っているわけで、その方も例外ではない。
これに懲りず(?)また自転車を楽しんで欲しいと思います。
(大きなお世話かもしれませんが・・・)


と、そんなことがあってレースは仕切り直し。
残りの5周は続きます。

相変わらず後方の様子を伺うKマサ君に店長も
『Kマサ!行け!』
と声をかけます。
しかし、Kマサ君はアタックをかけない

Oさんは依然としてマイペースに周回していく。

そして、ラスト1周。
少しだけペースは上がったものの、スパートがかからないままホームストレートに先頭が戻ってくる。

ホームストレートの立ち上がりから先頭の選手がスプリント開始。
2番手につけていたKマサ君もスプリントをかけるが届かず、2位でフィニッシュ。

Oさんはスプリントも何もせず流してゴール。(あれ?)

落車で周回がわからなくなってしまったらしく、もう一周あると思っていたみたいです。

リザルトを確認すると、中学生のワンツーフィニッシュでした。

レース後に知ったのですが、中学生は規定でギアのトップを16Tまでしか使ってはいけないそうです。

16Tであの速さとは恐ろしい


その後Sさんの出場したビギナー1第2組のレースも終わり、(思いっきり端折ってすいません)残すは店長がエントリーしているエリートクラス。

エリートクラスの開始は14時30分くらいから。
この時点の時間は10時30分。


ということで、レースを終えたばかりのお二人と食事がてらサイクリングに行くことになりました。


だいぶ長くなりましたが、続きはまた次回。



ランキング参加中です。
ポチッと応援よろしくお願いします。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

レースって結構落車が起こるみたいですね~。
怖いです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

Re: No title

>とらさん

クリテリウムは特に多い気がします。
速度も速くなるレースなので、救急車の出動率も高いみたいです。
本気になってくると危険を伴うのは仕方のないことかもしれませんが、怪我なく楽しみたいです。
プロフィール

寿司屋

Author:寿司屋
メタボ脱却の為に32歳にして自転車に乗り始めました。
スポーツ経験も無く、運動不足の運動オンチおじさんですが、それなりに楽しくやってます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


Feel free to follow me
Strava

↑↑↑
STRAVAのフォローはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
フリーエリア
STRAVA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。