一昨年の事故を振り返る ~通院と治療費の請求編~

こんばんは。
寿司屋です。


息切れ気味とか言っていたこの企画ですが、関心を持たれている方が思った以上に多かったので、ボチボチですが書かせて頂こうかと思っております。


ということで前回の続きになるのですが、
事故当日の診察が終わり相手保険会社とのファーストコンタクトが終わったら、次にすることは相手方への請求になります。


自転車やウェア等の装備品、いわゆる物の賠償と、
怪我や検査による通院とそれに伴って仕事に支障をきたしたことによる損害の賠償(うまい表現がわからない)、治療費と休業補償と慰謝料ってやつですね。


この2つはほぼ同時進行でやっていくことになるのですが、今回は治療費と休業補償と慰謝料についての説明をしようと思います。



まず治療費についてですが、加害者と被害者がハッキリしている場合、相手が任意保険に加入していれば相手の保険会社が治療費の請求を相手方にいくよう手続きを取ってくれるので特に自分が支払いをする必要はありません。

事故直後に搬送された病院から預り金としていくらか置いていくように言われる場合がありますが、『急なので持ち合わせがない』とか適当なことを言ってその場ではお金を支払わないようにした方がいいです。


預り金は支払ったとしても後から清算されて戻ってきますが、そのやり取りが面倒なので、何も支払わず帰宅したら全て相手方に請求がいくよう相手保険会社にお願いしておきましょう。


それと、事故後に仕事がある場合は勤務している会社に連絡を入れて当日は休暇を取らせてもらえるようにした方がいいです。

どうしても外せない仕事があって出勤しなければならないのであれば仕方ないかもしれませんが、事故当日に出勤すると相手保険会社からは『事故当日から出勤できる程度の怪我』という扱いを受けてしまいます。


事故が原因で勤務ができなかった場合、今までの収入から計算して通常勤務の賃金分が賠償されますから無理に出勤せず損害が出た分は賠償請求をしましょう。

また、通院の為に出勤ができなかった場合にも同じように賠償をしてもらえます。
無理に休日や代休を使って通院せず、勤務日に通院をしてしっかり賠償してもらいましょう。



そして、最後に 慰謝料

これに関しては知っておかないとハッキリ言って 大損 します。


また次回に書きますが、物の賠償には耐用年数による減価償却が発生する為、実際の損害に見合う賠償をしてもらえない事が多いです。

おそらく物損で提示される額は納得のいくものにならないでしょうから、その分を補う為にも とは言いませんが、慰謝料でそれなりの賠償をしてもらえるようにしておくと自分なりにある程度の妥協点は見つけられるのではないかと思います。


では、慰謝料に話を戻しましょう。

まず慰謝料の計算方法ですが、これは支払い制度がちょっとおかしくて、
全治3ヶ月だろうが全治3週間だろうが、
通院日数に応じて支払われるような仕組みになっています。


簡単に説明すると
通院日数(◯日)×4200円
という謎の計算式に当てはめて支払われるようになっています。(現在は変わっているかもしれません)


つまり、全治3ヶ月の人が3ヶ月の間に3日(月に1回)
しか通院しなかった場合と、
全治3週間の人が3週間の間に3日(週に1回)通院した場合、支払われる慰謝料は同額になってしまいます。


これって長い間痛い思いをした人は損しているように感じちゃいますよね。


ただ、何をどうしてもこの計算式が用いられてしまうので、通院回数が少なくても完治してしまえばそれまでなんです。。。


なので、治療や診察が必要な状態であれば、できるだけ通院した方が良いということになります。
我慢や遠慮はせず、必要な通院はした方がいいでしょう。


それと、搬送された病院が通い辛かったり総合病院で待ち時間が長くてとても通えない。といった場合には、勤務先の近くや自宅から近い病院に通院先を変更してもらうと良いでしょう。

経過を知らせる為、数週間に1度は搬送された病院に行かなければならないのですが、擦過傷等で連日消毒などが必要になる場合はなにかと便利です。
(病院だと消毒やガーゼは処方してもらえないそうですし)



治療費、休業補償、慰謝料に関してはこんなところでしょうかね。
なんか書き忘れがあるような気もしますが・・・




では、次回は絶対にもめる物損の賠償に関して書こうと思います。。。




※内容が内容なので、この記事は削除する可能性があります。


応援クリックありがとうございます。
励みになります






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
やっぱり難しい話は苦手だっ!!








テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

この内容はあかんでしょw

病院でお金を払ない方がいいとか、事故当日は会社を休んだ方がいいとか、
そんなことは本人が決めることであって、ブログで推奨したらまずいっしょw

こんにちは。

細かな配慮がなされた文章だと思いました。
とても参考になりますので、最後まで続けてくださることを希望します。

No title

経験者のアドバイス、とても参考になります。


ブログに書いてあるからといっても実行するのは本人なので問題ないと思います。



No title

こんにちは、いつも楽しくブログを読ませてもらってます。

仕事で交通事故加害者の立場で処理をしているものです。

治療費の支払いは原則として加害者(保険会社)が全額支払うものですから被害者は病院の支払いはしないほうが良いというのは正しいです。同一事故で病院の支払いを被害者加害者保険会社が別途行うと後の清算が大変になります。 
他のアドバイスもほぼ適切で皆さんの参考になると思います。

病院カウントは接骨院とかになると1/2回のカウントになりますねー
骨折だったりすると接骨院とか行っちゃうことあると思いますが…
あと、自分が自転車とかで事故にあった時は絶対に救急車をお願いしておいた方がいいです。
10日後とかに怪我が発覚したりするととても証明するのが難しくなるので。
救急車のっておくと必ず全治2週間以上には診断されますし、後で首が痛いとかムチウチ的な痛みが出てもその病院ならば必ず対応してくれますから。

自転車事故経験者の寿司屋さんの記事とコメント欄の補足はどちらも参考になります。
当事者じゃないと知らない内容もあり事前に知っておきたい知識だと思います。

No title

寿司屋さんこんばんは( ^ω^ )

事故は起こしたくないですよね、、とても参考になります。

Mckieさんと同じくきめ細かな配慮がされ色々考えて書いてるんだろ〜な〜寿司屋さん^o^って思ってますよ〜。

全て解決した事後報告なんで問題なし!とわたくしは思ってますし、寿司屋さんなりの総括を聞けて有意義ですかね( ^ω^ )

Re: この内容はあかんでしょw

≫通りすがりさん

貴重なご意見ありがとうございます。
確かに誘導、推奨するような表現があり、その点は反省しなければいけないと思います。
仰るようになにをどうするかは本人が決めることですよね。
シビアな内容なので色々な受け取り方、捉え方が出来てしまいますが、少しでも対応に迷った方の参考になればと思います。

Re: タイトルなし

≫Mckieさん

こんにちは。

どうもありがとうございます。
こんな文章ですが、これでも書いては消し、書いては消し、過激になりすぎないよう自分なりに気をつけてはいるんです(笑)

続きを希望されている方もいますが、今後この企画をどうするかは少し検討してみようと思います。(書かないとは言っていませんよ)

Re: No title

≫fugaさん

どうもありがとうございます。

確かに実行するかどうかは本人次第ですが、今後この企画を続けるのであれば1度記事の内容を見つめ直さなければいけないかな?とも感じています。

続きをどうするべきかは自分なりに考えがまとまってからにしますので、今しばらくお待ち頂ければと思います。

Re: No title

≫kenさん

こんにちは。
いつもありがとうございます。

お仕事は加害者側の処理をされているのですね。
内容的にグレーな部分も多々あるかと思いますが、お気遣いのあるコメントに感謝いたします。

治療費の支払いのくだりですが、実は私自身が相手保険会社から『病院にうまいこと言って支払いをウチに回してもらえるようにしてもらえませんか?』とお願いされた経験から書いたんですよね。

相手保険会社からそのお願いをされた時、話の流れから『これは後々の手続きが面倒なんだろうな。』と感じたのですが、やっぱり処理する側にとっても面倒なんですね。

お仕事上、被害者側から気分を害するような事を日常的に言われるかと思いますが、私自身事故を経験してからはそういった方がいてくれるおかげでスムーズに示談が出来ているのだと思えるようになりました。

上から目線の言い方になってしまいますが、これからもお仕事頑張ってください。

Re: タイトルなし

≫ぴらさん

そうなんですか?
あえて記事には書きませんでしたが、私は治療にリハビリの項目が増えたからなのか、慰謝料が2倍計算になりました。

私も初めて救急車を呼ばれた時は『この程度の怪我で大袈裟だから勘弁してくれ。』なんて思いましたが、事故を経験してからは『後から起こる可能性のある色々なリスクを考えると救急車は呼んだ方が良い』という考えに変わりました。

仰るように事故当日よりも翌日以降に痛みが出ることが多いですし。

本当に後から首が痛くなったとしても『首が痛い』って発言自体ふっかけてるような印象がありますからね。

Re: タイトルなし

≫ロキさん

どうもありがとうございます。
私も頂いたコメントで勉強させてもらってます(笑)

私も初めて事故にあった時はなにをどうしたら良いのかわかりませんでしたし、『壊れた自転車は直してもらえるのか?』なんていう不安もありましたからね。

この記事が予備知識程度でも役に立ったら嬉しいのですが、ホンネだけで書くと内容的にグレーゾーンが多くなってしまいますからね。(グレーというよりほぼ黒)

Re: No title

≫ヒロさん

こんばんは。

冗談半分で『賠償でなに買おうかなー』なんて言ったりしていましたが、事故は起こしたくないです。
精神的にも肉体的にも本当に疲れますから。。。

自分なりに書いては消しを繰り返して控えめな内容にしたつもりですが、まだまだ配慮が足りないみたいです・・・

済んだこととはいってもやはり『問題なし!』とはあかないみたいですね。

もっと書きたいこともあったのですが、今後どうするかは少し考えてからにしようと思います。

とてもわかりやすいです

とても読みやすくわかりやすい説明で、役に立つ知識が頭に入ります。
物損の話、楽しみに待っています。
お疲れ様です。ありがとうございます。

Re: とてもわかりやすいです

≫通りすがり(2)さん

どうもありがとうございます。
内容的に不快に思う方もいるようなので今後どうするかは今のところ検討中です。
少しでも困っている方の参考になったり、事故に遭ってしまった時の予備知識になってくれたりしたらいいなぁ。と思うのですが、表現や言い回しに苦戦してます(笑)
物損の件はいつになるかわからないのであまり期待しないでいてください。

通りすがりですが失礼します。

知人がバイク乗り(オートバイの方ですが)で車との接触で大した事ないのに出来る限りむしり取っていてかなり引いたことを思い出しました。

とりあえず相手方に非があった場合、身体に重大な問題を抱えずに済んだなら壊れた物だけどうにかしてもらえば良いんじゃないでしょうか?

単独で転んだ場合には精密検査どころか通院すらしない人がしてやったりとばかりに利己的になるのはどうにも読んでて悲しくなります。

そういうやり方があるのと世の中そんな人が多いのは仕方ないことですが残念ですね。

自分に返ってこないと良いですね。

歩行者やまママチャリなんかがフラッと出できたら今度は立場逆ですもんね。

Re: タイトルなし

≫通りすがり(3)さん

こんにちは。

出来る限りむしり取るといっても賠償の制度って限界がありますし、私としては労力と時間を考えるとどうなのかな?っていう気もします。

重大な事故にならなかった場合、物だけと仰いますがいくらこちらが「物が賠償されればいいです。」と言っても耐用年数に応じた減価償却等が発生してしまったりするので、損傷した物を元どおりにする金額が支払われることはほぼありません。
面倒な手続きをして痛い思いと嫌な思いをするだけです。

それと、明らかに非のある相手が横暴だったり、ひき逃げまがいのことをした場合、私は人間が出来ていないので「物だけ直れば。」とは思えないんですよね。

事故というのはただ物が壊れるという事ではありませんし、感情を持った人間同士がやり取りをするので、その辺も賠償の落とし所に影響すると思います。

精密検査を受けるのは後で何かあった場合の為にも大事なことだと思いますよ。
もちろん通院も同じことですし、それは単独でも接触事故でも同じです。

ちなみに、そういうやり方を知らない人が多いので、相手に非があるのに痛い思いをして物も壊されそれにかかった費用の一部を自身で持たなければいけない人も多くいます。
そういったことの交渉でもめる人もたくさんいます。
しかし、保険の支払い制度は決まっていて、その中の支払いルールでしか賠償されないので後からではどうにもできないというのが現状です。

「自分が加害者にならないように。」というのは日々気を付けなければいけないことですよね。
仰るように歩行者や自転車が飛び出してきたらそれまでですし。

ただ、任意保険に加入していて事故直後にキチンとした対応が出来れば大きな問題にはなりませんし、そういった交渉をするのは自身でなく保険会社ですからね。

ご忠告ありがとうございました。

丁寧なご返答ありがとうございます。

初めにこの書き込みを読んだときに「いかがなものかな」と思ったのが本心ではありましたが、冷静丁寧なご返答に違った角度からの視点に対しての理解が深まりました。

私情からの先入観から大変申し訳ございませんでした。。

ブログはよく楽しく読ませております。




Re: タイトルなし

≫通りすがり(3)さん

この記事を「いかがなものか?」と思ったという感想は間違っていないと思います。
直接お話をするのと文章で伝えるのとでは大きく違いますから。
私自身も今そのことを改めて痛感しています。

謝る必要は全然ありませんし、肯定的な意見が多い中こういった否定的な意見は書きにくいものだと思うので、貴重なご意見だと受け止めさせて頂いています。

これからも当ブログをよろしくお願いしますね。
プロフィール

Author:寿司屋
メタボ脱却の為に32歳にして自転車に乗り始めました。
スポーツ経験も無く、運動不足の運動オンチおじさんですが、それなりに楽しくやってます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


Feel free to follow me
Strava

↑↑↑
STRAVAのフォローはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
フリーエリア
STRAVA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR