スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤビツ峠to裏ヤビツからのオギノパン

※この記事は2013年11月の出来事を思い出しながら書いています。



7月に初めてヤビツ峠に登り足着き1回、タイムは58分と自分の中では悔しい結果に終わり、
8、9、10月は色々な所を登りまくったので、11月に入ってすぐヤビツ峠に再チャレンジしてきました。

〝すぐる〟の叩き出した42分というタイムにも触発され、ヤル気まんまん

善波峠の登りもあまりキツく感じず、この日のコンディションはまずまず


ヤビツ峠TTのスタート地点、名古木交差点に到着し、呼吸を整えてスタート。

前には2人組のなかなか速そうなローディーがいます。

出せるところはしっかり上げて走り、キツいところもタレないように淡々と回していきます。

この日も2つの信号に引っかかり、コンビニ付近で前を走っていた2人組のローディーが見えなくなる。

鳥居を抜けて、ヤビツ名物蓑毛の激坂区間に突入

ここも淡々と回し続けクリア。
登りに慣れたからなのか、前回よりもかなり楽に登り切り、この先は個人的に嫌いな通称『下が〇』

勾配は緩くなるものの、ガタガタとイヤラシイ振動のせいで減速

ギアを少し重くしてガシガシと回してやり過ごし、この先は勾配の緩い山道が続きます。
さすがに11月なのでこのあたりまで登ってくると少し寒い

前回はこのあたりで腰痛に襲われ足着きをしましたが、この日は問題無し


そのまま淡々と踏み続けていると、目の前に見えなくなった2人組ローディーの1人が。

1度見えなくなった人に追い付き、何故か力が湧いてきます

ここで変にペースを上げると後半失速すると思い、そのままのペースで追い付いたローディーをパスしそのままゴール

と思いきや、ゴール直前でそのローディーに差される


気になるタイムは48分。
10分の記録更新です


登頂後はコーラを飲んでさっさと下山。
この日は崩落してしばらく通行止めになっていた裏ヤビツが通行出来るようになっていたので、思い出作りにこちらに下ります。

裏ヤビツの下りはかなり寒く下り始めてすぐ、つま先の感覚が無くなる。
峠は寒いだろうとトゥカバーとウインドブレーカーを持ってきていましたが、予想を超える寒さでした


裏ヤビツを下りきって清川村に入る。
ここからは車のすれ違いがやっと。といったくらいの狭い道が続き、路面も所々濡れています。

ひたすら山道を走り、『まだ宮ヶ瀬湖に着かないのかと思ったあたりで見慣れた風景が目の前に現れ、宮ヶ瀬湖に到着。

ここからは精神的にも疲れてしまいダラダラとオギノパンまで走り休憩

寒くなりローディーが少なくなってきたオギノパンで、
『今年はあと何回くらい峠に登れるのかな。』
とセンチメンタルな気持ちになりながら、今年何個目かわからないくらい食べた揚げパンをほおばる私でした。


ランキング参加中です。
ポチッと応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

下りであのでこぼこの○は怖いですねえw
自分なら絶対ブレーキかけちゃいます。

Re: No title

> とらさん

下りだと怖いし、登りだとだるいです。
勾配のキツいところで出現することが多いので何か意味があるのでしょうけど。
プロフィール

寿司屋

Author:寿司屋
メタボ脱却の為に32歳にして自転車に乗り始めました。
スポーツ経験も無く、運動不足の運動オンチおじさんですが、それなりに楽しくやってます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


Feel free to follow me
Strava

↑↑↑
STRAVAのフォローはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
フリーエリア
STRAVA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。