スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心拍計メディオトレーニング VS パワーメーターSSTトレーニング  ちょっとまとめてみました

こんばんは。
寿司屋です。


昨日の記事は仕事の休憩時間に焦って書き直したのでかなり微妙な感じになってしまいました。
もうしわけありません

早速ですが昨日の記事をなんとなくまとめてみようと思います。


と、その前にちょっと補足

パワーSSTスタート2

パワーSST終わり2

昨日アップしたものとは別のパワーメーターでのSST20分走データです。

スタート時
出力 171w
心拍数 133bpm
ケイデンス 93rpm

終了時
出力 225w
心拍数167bpm
ケイデンス 110rpm

20分平均
出力 198w
心拍数 151bpm
ケイデンス 99rpm

昨日アップした心拍ベース20分走のデータが

20分平均
出力 166w
心拍数 150bpm
ケイデンス 90rpm

だったのですが、平均心拍は1しか差がないのに出力は32wの差があります。


結局昨日のデータとあまり差がないような気もしてきましたが何が言いたかったかというと、
心拍数は強度をはかる手段としてはあまり参考にならない
ということです。
これは散々既出なことですが、実際に自分で試してみてハッキリと確信しました。

今までにSST20分走を何度かやってみたところ
出力は183w~202w(183wだとSSTになっていません・・・)
心拍数は143bpm~162bpm(143bpmだとメディオになっていません・・・)
と、かなりの振れ幅があったのですが、あちこちで言われている通り出力と心拍数は比例しませんでした。


ただ 『心拍数が低かった日は楽だった。』 『心拍数の高い日はキツかった。』 ということはなく、SST20分走を行った日は毎回同じように苦しく感じました。
そして、出力が166wまでしか上がらなかった心拍ベースのメディオ走もSSTと同じように(少しだけ楽だったかも)苦しかったのです。


私の実験結果だと、心拍数を指標としたトレーニングもパワーを指標としたトレーニングも苦しさはさほど変わらないのに強度では大きな(?)差が出ていますよね。
なぜそこまで差が出るのか?というところなのですが、私の予想だとそれだけ強度に差が出る理由は
強度が目で見えてしまうから頑張らざるを得ない
ということなのではないかと思います。(思っただけです)


心拍数はその日の調子でかなり変化するように感じましたが、出力(パワー)に関してはよっぽど疲労が溜まっていない限りそこまで大きく変化しないように感じました。
つまり、出力は 『調子が悪い』 と感じる日でも数値を見ながら 『もっと上げないと!』 と思って頑張ると案外上げれてしまったりするんです。



書けば書くほど内容がまとまらなくなって気ましたが、私はパワーメーターを導入してからトレーニングをより頑張れるようになったと思うので、現在トレーニングのモチベーションが低下している方でパワーメーターが気になっている方は思い切って導入したらモチベーションが上がるのではないかなあ?と思います。

あと私は以前かなりのゲーマーだったのですが、パワーメーターを導入してからはRPGのように経験値やレベルアップHPみたいな要素が出てきて楽しかったりもしています。

今まで目に見えなかったものが数値化されたことによって、それにとらわれすぎてストレスになってしまうのは良くないとは思いますが、うまいことモチベーションに繋がれば数値を追っかけてトレーニングするのもいいんじゃないかと思う今日この頃です。


まあ私はパワーメーターを使っても強くなっていないのですが・・・




まとまりのない長文にお付き合い頂きありがとうございました
自分でもむちゃくちゃなことを書いているように思うので異論反論ありましたらどしどしコメントお願いします。






応援クリックありがとうございます。
励みになります







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ



テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ゲーマーです\(^o^)/
今は音ゲーだけですがw

でも心拍<パワーメーターってのは納得です。
通勤でもかなり疲れて足回らないと思っても意外とパワー出るんですよね。
言葉にするのは難しですが内容は理解したし同感です。

ペースメーカーに使うのもパワーメーターの方がわかりやすいですし。
まぁ、パワーメーターが高いのもわかってますけどね(¯―¯٥)

No title

これはすごい! とても参考になります!

同じ(ほとんど変わらない心拍)でもパワーが段違いというのは
すごい不思議です。心拍が高くても楽に感じたり、
速度が同じでもキツかったり、振れ幅が広すぎて悩んでおりました。

パワーメーター、今も検討中なのです。。
製品がいっぱいあって何がよいものか。。。
(予算の回復にかなり時間かかりそうですが。。。(-。-;

まず、まとめるのが難しい内容ですね。
(^_^;)

パワーメータを使ってトレーニングをしていますが、心拍数のメディオ領域はパワーメータで言うところのL3位の強度かなぁと感じます。

トレーニングの強度を上げても心拍数はリアルタイムで変動しないし体調による影響が大きいし、トレーニングの指標とするには心拍数はパワーメータより劣るかな。

でも、心拍計はもっとも安上がりなトレーニングツールだと思います。やみくもにトレーニングするより心拍数を参考にした方がトレーニングの質は間違いなく良いでしょうね。

Re: タイトルなし

>>shinkさん

意外と元ゲーマー多いですよね。(笑)

上手く文章をまとめ上げる能力がないので小学生の作文みたいな記事になってしまいましたが、伝わったようで嬉しいです。
きつくても案外パワーが出せちゃうのはなんでなんでしょうね?不思議です。

パワーメーターを導入してしばらくは心拍も結構見ていたんですけど、今は『このくらいの距離なら〇wでいけそうだな』というのが感覚でわかるようになってきたのでパワー管理をすることが多くなりましたね。
パワーメーターももう少し安くなるといいんですけどねえ。。。

Re: No title

>>borikoさん

文章を書く能力が低いのでかなりわかりにくい感じだったと思うのですが参考になって良かったです。

体調もかなり関係していると思うのですが、心拍とパワーの関係は知れば知るほど不思議に思います。
私もパワーメーターを使う前はborikoさんと同じことで悩んでいたような記憶がありますね。
ほとんど体調のせいにしていましたけど。(笑)

パワーメーターは今の価格だとサクッと導入するのは躊躇してしまいますよね。
私は製品レベルと価格を考えるとパイオニアが頭一つ出ているイメージがあります。
ただ無駄な買い物にはならないと思うので、予算の都合がついてその時にまだ使ってみたい気持ちがあるなら導入した方が幸せになれると思いますよ。

Re: タイトルなし

>>ロキさん

普段から文章を書くようなことをしていればもう少し違うのでしょうけど、こういったことはなかなかうまく書けません・・・

私も心拍数のメディオ域はL3くらいの強度に感じます。(実際試してみたらそうでしたし)

トレーニングの指標として考えると、パワーメーターより心拍計の方が劣る感じはありますね。
ただローラートレーニングに関して言うとスピードセンサーとケイデンスセンサーは指標としてかなり使えるのではないかなぁ。と思います。

仰るように心拍計は比較的安価に購入できますし、使用した方が効率的なトレーニングが出来るでしょうね。

No title

どもども!
これは素晴らしい記事ですね!
データがあると説得力がすごく増しますし、本当だったってこともわかりますし。

自分は現在の調子の良し悪しを図る指標として、安静心拍(就寝前)を計るんですが、調子が良い時で43くらい、疲労が溜まっているときで51、52くらいまで変動します。
そう考えると、心拍って外的要因で変わりやすい指標なんだなぁと実感を伴って感じます。

あ!自分もゲーマー歴長かったので、パワーメーターやらFTPやらSSTやらは、もうめっちゃモチベーションになってます。
特に一時期はまっていた育成系シミュレーション(馬育てるあれです)っぽくて、毎日データとにらめっこしているだけでモチベーションになってます(笑
そういった意味で、ゲーマーな方にはパワーメーター&パワトレは合っているのかもしれませんねー。

Re: No title

≫TaQさん

ありがとうございます。
文章力があればもう少し良い記事が書けたと思うのですが・・・

安静心拍めちゃ低いですね。
自分はしばらく前に測っていた時で48〜54くらいだったかな?
それにしても疲労でそんなにも変わるとはすごいですね。

マチカネイワシミズのアレですね。(笑)
なんか自転車乗りって元ゲーマー多いですよね。
自分はゲーマーだった頃のように効率厨にならないように気を付けているのですが、やっぱり効率のことばっかり考えちゃいます・・・
プロフィール

寿司屋

Author:寿司屋
メタボ脱却の為に32歳にして自転車に乗り始めました。
スポーツ経験も無く、運動不足の運動オンチおじさんですが、それなりに楽しくやってます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


Feel free to follow me
Strava

↑↑↑
STRAVAのフォローはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
フリーエリア
STRAVA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。