スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAVIC R-Sys系のリア金属スポークが切れた時の処置方法


こんばんは。
寿司屋です。


先日の都民の森ライドで天に帰ってしまった

fc2blog_20150817192925370.jpg

R-Sysのリアスポーク


これまでの使用距離は約2万km。

ショップに修理をお願いしましたが、切れたスポークを1本だけ交換してもそのうち他のスポークが切れてしまうだろうと思い、
金属スポークはすべて交換してもらうことにしました。



そして今日
fc2blog_2015082620402564d.jpg
無事に修理が完了して私の元に帰ってきました
おかげさまでスポークが切れてから一度も走行せず修理に出すことが出来たので、出費は思ったより少なく済みましたよ
都民の森ライドに参加されたみなさん、本当にありがとうございました



しかし、スポークが切れた後の処置が遅かったのでリムがほんの少し歪んでしまったんですよね・・・
fc2blog_2015082221491441c.jpg
(こんな感じでガタつきを確認したらちょっとだけ歪んでました)



ということで、同じ状況になってしまった方の為に、スポークが切れた時の処置方法を書いておこうと思います。



R-Sys系のリアホイールはドライブ側が金属スポーク、反対側は中空カーボンスポークになっています。
MAVICでこのタイプのリアホイールを使っているのは
・R-Sys
・R-Sys SLR
・KSYRIM SR
・KSYRIM SLR
・KSYRIM 125
他にもあるかもしれませんが、上記のリアホイールは全てこのタイプだったと思います。


カーボンスポークが折れる(切れる)ことは稀らしいので、今回記事にするのはドライブ側の金属スポークが切れた場合の処置方法になります。


まず、スポークが切れてしまったら出来るだけ走行しない方が良いのは当たり前なのですが、出先でトラブルが起きた場合はそうも言ってられませんよね。

結果として どうにかして帰宅する か、近くの自転車店に駆け込む といったところになると思います。

その日のうちにプロに修理をお願い出来れば良いのですが、営業時間に間に合わなかったり、私のようにショップがお盆休みに入っていたりすることもあるでしょう。


そんな風に何らかの理由で当日中にプロに見てもらえなかった場合、自分である程度処置をしておかないとリムが歪んでしまうのだそうです。

リムが歪む原因は、スポークテンションのアンバランス(っていうのかな?)
ようは引っ張り合ってバランスを保っていたスポークの1本が切れてしまったことにより、全く引っ張られない箇所と、強烈に引っ張られる箇所が出来てしまうのだそうです。


ここで切れたスポークを自身で交換することが出来れば一番良いのですが、もし替えのスポークを持っていたとしてもほとんどの人がこの作業を出来ないと思います。


ではどうするか?
均等に引っ張れないなら、スポークを全て緩めてしまえばいいんです。


fc2blog_20150826204036a22.jpg
使う道具はこれです。

このタイプのホイールを購入すると、このタイヤレバーのような工具が2つ付いてくると思います。

fc2blog_201508262040487e7.jpg
2本、裏と表です。

このレバーの
fc2blog_20150826204154a8d.jpg
Y字になっているこの部分
丸くギアのような形になっているのがわかると思います。


これが
fc2blog_20150826204127af6.jpg
この丸の部分

fc2blog_20150826204142f18.jpg
これもニップルというんでしょうか?


先ほどのレバーのY字部分がニップル回しとして使えるようになっています。

なので
fc2blog_201508262042065e9.jpg
こんな風に金属スポークを緩めていけばいいのですが、
これだけだとニップルと一緒にスポークも回っちゃうんですよ。


それで、扁平スポーク用の回り止め工具が必要になるのですが


なんと!!




fc2blog_201508262042345c4.jpg
タイヤレバー内側のこの部分。

これが回り止め工具として使えるようになっているんです。


fc2blog_20150826204249b58.jpg
こんな感じでスポークを挟んで使います。


fc2blog_2015082620430864d.jpg
引いた画像だとこんな感じですね。


こんな風にスポークの回りを押さえつつ

fc2blog_20150826204320e2d.jpg
ドライブ側の金属スポークを緩めます。
(テンションバランスを考えると折れたスポークの対角側から緩めると良いような気がします)

この時、1箇所を一気に緩めるのではなく、1~2回転ずつ順番に緩めていってください。
(テンションが1箇所に集中するのを防ぐ為)

それと、回り止めはリム近くを押さえるようにしてください。
ハブ付近を押さえると首がねじ切れてしまうそうです。

あとは、固着して回りにくい部分があったりするので、力技でなんとかしようとせず、他の部分を緩めてテンションが下がってきてから回すようにしてみてください。

そして、全部のスポークがだるだるになるまで緩まったら処置完了

ちなみに反ドライブ側のカーボンスポークは緩めなくても良いそうですよ。



ということで、ショップの店長に教わった方法をそのまんま書いてみたのですが、いかがだったでしょうか?
同じトラブルで困った人がいた時に少しでも参考になると良いのですが。。。









応援クリックありがとうございます。
励みになります











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ












テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

おぉ〜 なんと タイヤレバーのあの部分を回り止めとして使うのかー‼︎ 私の時は店長そこまで教えてくれなかったです・・
イヤー 勉強になりました ありがとうございます

No title

無事復活してよかったです!

2万キロも走っていたとは!早い修理で何よりでしたね。
スポーク折れた際の処置も、ヘェ〜・ボタン押しまくり(古い!?)。
目から鱗でした。

これでますますヒルクライムがはかどりますね!

ホイール、復活して何よりでした。

素晴らしい知識なのですが☆おいらの場合は絶対に自分ではやらない自信があります^^;
そもそもそのレバーみたいな奴貰ってないですし(笑)
R-SYSも先日手放しちゃいましたからね~♪
他のホイールでも同じなのでしょうか?

何故だか自転車乗るのが億劫になってしまい(まぁ太ったからなんですけどw)既に冬眠みたいになってしまいましたが(´д`)また乗る気になってきたらご一緒して下さいでーす\(^o^)/

とても勉強になりました。

さらに疑問として、反ドライブ側のスポークを緩めないとしたら、そちら側に引っ張られてリムが歪まないのですかね?
素人考えだと縦フレが出る状態で歪みそうだけどなぁ。

No title

と、いうことは僕はほぼ死亡なのではwww

おぉ、わかりやすい解説ありがとうございます。
とりあえず、タイヤレバー探さないとww

やはり金属の方が先に折れやすいんですね。
残りはカーボンだから急に折れるって事はなさそうだなぁ。

Re: タイトルなし

>>かよ爺さん

自分も『回り止めないと無理ですねー。』って言われたんですけど、『このレバーの裏ってもしかして。』って聞いたら『それでいけます!』って感じで無事(?)処置が出来ました。
次折れたら試してみてください。(笑)

Re: No title

>>borikoさん

なんとか使えるようになって良かったです。
かかった金額は使った距離を考えると通常のメンテナンス費用といったところです。

処置の方法は正しいかわかりませんけどね。
でも何もしないよりはいいハズです。

これで乗り味が一気に良くなるといいんですけどね。
それはないだろうなぁ・・・

Re: タイトルなし

>>茶柱たつやさん

ありがとうございます。
あの日にみなさんがいたおかげですよ。
単独だったら終わってました・・・

Re: タイトルなし

>>コーラさん

そのまま放置していたらリムが歪んで交換の可能性があったので自分でやるしかなかったんですよ。
知識があったわけではないし、店長の指示通りやっただけですよ。
あのレバーは付いていたはずなんですけど。(笑)
ちなみに他のホイールだとちょっと違うと思いますが、スポークが切れたらニップルを回して緩めておいた方がリムのダメージは少なくて済むハズです。

冬眠寸前でも私よりは速いハズなので、調子が悪い時にお願いします。(笑)

Re: タイトルなし

>>ロキさん

反ドライブ側のことってやっぱり気になりますよね。
私も最初緩めようとしたのですが(というか少し緩めた)店長から『そっちは緩めないで』と言われたのでその通りに処置しました。

MAVICのカーボンスポークはトラコンプリングとかいうパーツで止められていて特殊っぽいので緩めなくてもいいのかもしれません。
メンテナンスをする人によっては『反ドライブ側も緩めた方が良い』という意見もありそうな気がしますね。

Re: No title

>>輪たろうさん

見てもらって歪んでなきゃOKですよ。

ちなみにしばらく前に店長と 足柄-明神-道志 のコース走った時に三国峠の下りで店長のホイールのスポーク切れたんですが、
そのまま海老名まで戻った時点でリムが終わったって言ってました。

Re: タイトルなし

>>shinkさん

店長に教わったことそのまんまですが。(笑)
自分もタイヤレバーで全部出来ると思ってなかったんで、自宅で探しちゃいました。

実は かよ爺さん も1回折れてるし、同じショップのキシリウム125使ってる人もスポーク折れてるんですよ。
カーボンは外部からの衝撃がない限りはほぼ折れることがないそうです。

まあ2万km使ったらしょうがないかな。って感じですよね。
大きな事故につながる前にメンテ出来て良かったのかもしれません。

No title

スポーク折れ

大事にいたらなくてよかったですね。

それより2万キロ走行をしたことがもっとすごいような。


応急処置もさすが店長さん!見習いたいです。

片側を緩めなくても大丈夫というのは私見ですが

完組みの場合テンションバランスが大事なので

全部緩めてしまうと修理のときにと時間がかかるので速く修理できる

ようにとの処置ではと。

結果組みなおしだったようですが、こんなに早くできる店長さん!

やはりすごいです!

Re: No title

≫そねさん

大事にならなくて良かったです。
本当は決戦用的に使うつもりだったんですけどね。
ブレーキシューも変えなきゃいけないので普段使いした結果2万kmといった感じです。

片側を緩めない理由はなんなんでしょうね?
今度店長に聞いてみようと思います。

ホイールは早く直って良かったですよ。
いつも仕事が早くて本当に助かってます。
プロフィール

寿司屋

Author:寿司屋
メタボ脱却の為に32歳にして自転車に乗り始めました。
スポーツ経験も無く、運動不足の運動オンチおじさんですが、それなりに楽しくやってます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


Feel free to follow me
Strava

↑↑↑
STRAVAのフォローはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
フリーエリア
STRAVA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。