ポジションとセッティングって大切ですね。

こんばんは。
寿司屋です。


ブログ村やっと復旧しましたね。
お気に入りのブロガーさんの更新がわからず巡回に苦労していたので本当に助かります。




ということで、早速ですがタイトルのお話です。

一昨日の記事 でも書きましたが、少し前にクランクの踏み込み位置を自分のペダリングに合わないセッティングにしてしまい、ローラーでパワートレーニングをやろうとしたら 全然出力が出せない という悲しい事件が発生。


その後、ショップで適正と思われる位置にクランクを再セッティングをしてもらい、実走ではいい感じに踏めるようになりましたが、問題のローラーではまだ走行していない状態でした。


そして今日、仕事前に少し時間があったので、先日の ローラー貧脚事件 のリベンジをするべくローラー台で SST(スイートスポットトレーニング) をやってみることにしました


前回は出力200wで5分が精一杯だった為、今日は180~190wくらいを狙って、20分間に挑戦です。


まず10分間軽めに回してアップをしたのですが、この時点で前回ローラーを回した時よりも明らかにパワーが出ていました。

『うむ。よろしい

すでにこの時点でボチボチ手応えアリです。
そして、アップが終わり20分のSSTを開始。

今回は少し低めの出力で回しましたが、前回よりも楽に回せていますし、感覚的には前回よりも少ない力で出力が出せている印象でした

そんな感じで20分回してから10分のクールダウンで終了。


時間の都合で終わりにしましたが、レストをはさめば同じ強度で20分走をもう一本出来そうでしたよ。


結果的には184wで20分と貧脚であることに変わりはなかったのですが、セッティング変更だけで10wくらい出力が上がったように感じました。


10wっていっても具体的にはあまりピンとこないのですが、セッティングだけで変わったとなるとかなりすごい結果なのではないかと思います。


いや~ポジションとセッティングって大事なんですね。


変えただけで速くなる魔法のポジションなんてないと思っていましたが、Q-Ringsも上手くハマれば巡航で5wくらいは出力アップできるのかもしれません。


応援クリックありがとうございます。
励みになります






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

お寿司屋さん、はじめましてこんばんわ。
つい先日私もロードバイクを初購入しまして、購入前からとても参考になる&為になるので読破させて頂いています。たまたまお寿司屋さんの購入きっかけを見返していたら今日は初代のDEFY3パイセン納車3周年ですね。ということで、初コメントしました。
これからも家族、バイク仲良く末長くお幸せが続きますように。ブログも楽しみにしています。
長々失礼しました。

ではキノフィットどーでしょうか\(^o^)/

ただの興味本位で受けたおいらは(笑)大幅なポジション変更に伴うパーツ交換により愛着がダダ下がったため泣く泣く元に戻してしまいましたが^^;あのポジションの方が楽にパワーが出ていたと思います(^^)v
おいらパワーより見た目が大事ッス(爆)

真面目に走る人にはお勧めでっす☆彡

Re: はじめまして

≫おそらさん

はじめまして。
納車おめでとうございます。

購入前から見て下さっていたんですね。
参考になるような記事はあまりなかったかもしれませんが、楽しんで頂けて嬉しく思います。

DEFYパイセンの納車から3年とは・・・
すっかり忘れていました。(笑)
つまり私のロードバイク歴も3年で4年目に突入したということなんですね。

私もこれからの自転車ライフを満喫しようと思いますので、おそらさんもいっぱい自転車を楽しんでくださいねー。

Re: タイトルなし

≫コーラさん

勧めといて戻しちゃったとか。(笑)
フィッター泣かせですね。

フィッティングに興味はあるんですけどねー。
とりあえず店長が見てくれているので店長の見立てを信じてみようと思ってます。

自分も見た目は大事だと思うし。(笑)
プロフィール

Author:寿司屋
メタボ脱却の為に32歳にして自転車に乗り始めました。
スポーツ経験も無く、運動不足の運動オンチおじさんですが、それなりに楽しくやってます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


Feel free to follow me
Strava

↑↑↑
STRAVAのフォローはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
フリーエリア
STRAVA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR