久々のローラートレーニングで自分の弱さに気付かされる・・・

こんばんは。
寿司屋です。


梅雨・梅雨・梅雨・梅雨・梅雨・・・・

実走が出来ない日が続いていますが、金曜、土曜、日曜と3日続けてローラーを回す時間も作れず、今日は久々に自転車に跨ることが出来ました。
もちろんローラーですが・・・


最近  格好いィお父さんに俺はなる!みつさん もパワーメーターを導入して、
現在私の周りでは パワートレーニングブーム が起こりつつあります。


私も今年の3月からパワーメーターを導入していたのですが、 『数値を見て楽しむ』  『ライド後にデータを見て分析してみる』 といった程度の使い方しかしておらず、ローラー台を使って 〇〇wで〇〇分 といったようなパワートレーニングは本当に数える程度しかやったことがありませんでした。


そんなこともあって今日は周りに触発されつつ本格的なパワートレーニングに挑戦してみることにしました

パワートレーニングを行うにはまず FTP という 1時間全開で走れるパワー を計測しなければいけません。
これは以前に計測済みで FTP242w という数値が出ていたのですが、私の実際の走力を考えるとこの数値は怪しすぎるんです。


それと、パワーメーターを導入してから〝あるソフト〟を使っていたのですが、このソフトは走行データからFTPを予測してくれる機能があるので今回はそのソフトが導き出した FTP212w という数値を使うことにしました。

そしてトレーニングの内容ですが、今回はこのFTPを使った SST(スイートスポットトレーニング) という方法で行います。(みつさんのトレーニング法をパクりました)


SSTとは、
FTPの88~94%の出力(私の場合186w~199w)で20分~1時間半程度、持続可能なレベルでペダルを回すことによって、効率良くFTPの向上が図れるトレーニングである。
だそうです。
よくわからないですね


私もよくわからなかったので今回は、 200wを下回らないように20分回す! というものすごく適当なノリでトレーニングを開始しました。


まずウォーミングアップの為に10分ほど軽く回しながら徐々に心拍数を上げていき、最大心拍の80%あたりになったところから20分のSSTを開始

が、開始して2分ほどで維持するのがキツくなってくる・・・
どう考えても20分は持ちそうにありません

もうね、すぐ自分を甘やかしちゃいましたよ。。。
20分走をサクッと5分走に変更。

結果、行ったトレーニングは 10分アップ 【200w5分走→5分レスト→200w5分走】 その後心拍が落ち着くまでダウンして終了。

こんなんじゃ強くなれるわけないですよね・・・


FTP計測をした4月時点では200wを維持ってそこまできつくなかったはずなんですけど


そもそもFTPより低いパワーなのに20分も維持出来ない。ということは、今のFTPが200w以下ってことになりますよね・・・

それとも、その日の調子にかなり左右されるものだったりするのでしょうか?

まあ、そんな言い訳してないでもっとトレーニングしろ!ってことなのでしょう


自分なりにそこそこキツいトレーニングをしているつもりなのに、現状維持どころか劣化していっているというこの現実。

これからはローラートレーニングともしっかり向き合わなければいけないのかもしれません。。。





応援クリックありがとうございます。
励みになります






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

弱ってる時ぐらいでバランスがとれるので、そのぐらいの時に一緒に走ってくださいw
みんながやってるからちょっと気になるけど、カンパを使ってる限り気にする必要はないですね(^ω^)

僕も最近パワトレ勉強中です!
SST20分*2ばっかりやってますが、一本目の20分は結構楽勝、二本目は5分ぐらいからしんどくなってきて、調子次第で10分~20分保つかって感じです。
寿司屋さんのだと多分強度が高すぎるんじゃないですかね?

ローラーより実走の方がパワーが高くなる人は多いみたいなので、ソフトで集計したパワー値が実走中心ならローラー時はもう少し控えてもいいんじゃないかなと思います。

まあ僕はパワーメーター持ってないんですけどね(笑)

ヒルクライムで200w維持するのとローラーで200w維持するのとは感覚が違う気がします。

俺のヤビツの平均出力240wオーバーなんですけどローラーだと5分も無理ですw

トレーニングを続ける事でローラーでも出力の維持ができるようになると思います。
みつさんだけ強くさせないようにお互い頑張りましょうw

何かの記事で《数値を気にし過ぎるとトレーニングの方向を間違うことがある》的なことが書いてあったような……
確か、パワーの数値にこだわり過ぎると《パワーを出すための回し方になる》とかだったですかね?

パワーはあるに越したことはないのでしょうが☆彡《少ない心拍とパワーでより速く走る》のが良いのではないでしょうか(^^)v

なーんておいらが言ってもしゃーないッスねm(__)m

おいらも寿司屋さんが弱り切ってる時でないとついていけませんので(||゜Д゜)一緒に走る時はローラーで追い込んだ後でお願いしゃす(笑)

こんばんは。
パワーメーターがまだ高いのと、
トレーニング不足でその領域にいっていない私です。
パワートレーニングは、やはり効率がいいのでしょうか?
その前にローラー買わないと…

私は早くなりたかった(人並みに)のと痩せようと思い、最近ローラーでのトレーニングに取り組むようになりました。

ローラーは実走と比べるとつまらないですが、パワートレーニング(私は本格的ではない)なら短時間でも済むのでローラー台でトレーニングするなら効率的でいいですね。

しかし、パワーウェイトレシオが判明すると自分の能力が分かり落ち込みます。。。

No title

あらま寿司屋さんが200w維持出来ないとは驚きですねww
富士ヒルのタイムから見ても3.5PWRはあるはずなので。
寿司屋さん体重60kgぐらいでしたっけ?
60kgなら3.5*60でFTP210はあるはずで、200w20分なら普通にこなせるはずですよね~やはりローラーと実走だとズレがあるんですかねww
きっとローラー乗り込めば感取り戻して出来るようになりますよ!

Re: タイトルなし

>>輪たろうさん

少し風邪気味とはいえ弱ってる感覚はないんだけど・・・
それとワタクシ輪たろう先生に勝ったこと一度もありませんから。。。

カンパ使っててもSRMとかPOWER2MAXとかベクターとかパワータップとかROTORPOWERとか色々ありますよ!
さあ!

Re: タイトルなし

>>かぴばらさん

かぴばらさんは分析得意そうだから早くパワーメーター導入して色々記事にしてください。(笑)

やっぱり20分余裕なんですね。
低い強度から出直そうと思います。。。

実走の方が高く出ているとしてもさすがにこれは弱すぎかと・・・
とりあえずやれる強度からですよね。

Re: タイトルなし

>>shinkさん

> ヒルクライムで200w維持するのとローラーで200w維持するのとは感覚が違う気がします。
>
> 俺のヤビツの平均出力240wオーバーなんですけどローラーだと5分も無理ですw

そうなんですね。
少しホッとしました。(笑)

今はものすごーくパワー不足を感じるので出力維持できるようにトレーニングしようと思います。
みつさんどんどん速くなるからなぁ・・・

Re: タイトルなし

>>コーラさん

それ、店長にも言われました。(笑)

確かに少ないパワーで速く走れる方が理想的ですよね。
ただあまりにもパワー不足を感じるので、トレーニングの時だけでもパワーに拘りたい。と思いました。

えーっと・・・そもそも私がコーラさんについて行けたことがないんですけど。(笑)

Re: タイトルなし

≫栃isさん

こんばんは。

パワートレーニングは効率の良いトレーニングだと思いますが、キチンと向き合わないと効果は薄いみたいですね。
私はそんな感じでした。(笑)

ローラーはあっても良いと思いますが、パワーメーターは急がなくてもいいかな?というのが私の印象です。
欲しくなったり、トレーニングがマンネリ化してきた時でいいのではないでしょうかね?

Re: タイトルなし

≫ロキさん

速くなるのは短時間のトレーニングで良いのですが、減量となるとある程度の時間回さないとなかなか難しいかもしれませんね。

パワートレーニングではありませんが、短時間で効率の良い方法というと、やっぱりタバタプロトコルですかね。(笑)

私の場合、パワーウエイトレシオは並程度なのですが、恐ろしいくらいパワーがないんですよね・・・

Re: No title

≫みつさん

でしょ?
パワーないんすよ。マジで・・・

体重は今59kg、富士ヒルの時は57kg真ん中くらいでしたよ。

実走だと1時間200wとかいけるんですけどね。
なんででしょ?
と言いつつ、今日少しだけ原因がわかりました。(笑)
しかし、パワー不足なのは変わらないので、ここから少しずつ上げていきたいですね。
プロフィール

Author:寿司屋
メタボ脱却の為に32歳にして自転車に乗り始めました。
スポーツ経験も無く、運動不足の運動オンチおじさんですが、それなりに楽しくやってます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


Feel free to follow me
Strava

↑↑↑
STRAVAのフォローはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
フリーエリア
STRAVA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR