スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ真夏がやってくる。 ボトルはどうする?

こんばんは。
寿司屋です。


ついに始まりましたね ツール・ド・フランス

今日は第2ステージ。
昨日は個人TT(タイムトライアル)だったわけですが、TTスペシャリストの トニー・マルティン が使用していたフロントのチェーンリングは

なんと 60T だったそうです。(普通に売られている最近のロードバイクは50Tか52T)

おそらくリアは11Tを使っているはずなので、ギア比の計算機で調べてみたところ
ケイデンス80rpmだと 54.88km 出るそうです。(もちろん条件によって変わりますが)


当ブログはネタバレ撲滅に全力を尽くしているのでレース内容のことは書きませんが、他にもTTを得意とする ファビアン・カンチェラーラ なんかも出ていて第1ステージから熱い戦いが繰り広げられておりました


そして、私も寿司太郎を抱きながら観戦していたのですが・・・




fc2blog_2015070522434392c.jpg
寿司太郎にこんなものを着せちゃいました。(嫁に内緒で)

その後、私がどうなったかはご想像にお任せ致します




ということで、またまたお悩み相談を頂きました。

先に違うお悩みを頂いていますが、回答の準備が整っていないので今日はこちらから先に回答させて頂きますね。


お悩みの内容は

梅雨が明けたら猛暑が待っていると思いますが、夏場のボトルはどうしてますか?
といったもの。


夏場、冬場関係なく私が普段使っているボトルは

fc2blog_201507052244074b7.jpg
※大きさの比較の為にiPhoneを置きました

キャメルバックの ポディウムチルジャケットボトル という物。
2層構造のボトルの間に保冷素材が入っている為、当然ですが通常の1層のボトルより保冷効果が高いです。

それと、このボトルには冷却効果以上のメリットがあって、ボトルが柔らかくなっている為飲み口を吸い込まなくてもボトルを軽く押すだけで水分が取れる。という利点があるのです。

ヒルクライム等、呼吸の苦しい時はボトルを吸うと窒息しそうになるので、ボトルを押すだけで簡単に飲み物を飲めるというのは私にとってはとても大事なことだったりします。

ちょっと話がズレましたが、そんなわけで夏でも冬でもこのボトルに飲み物を入れるということに変わりはありません。
ただ夏場に1時間程度のチョイ乗りをする時はこのボトルに氷を多めに入れるようにしています。


で、夏場のロングライドになるとこれ1本では水分補給が間に合わないのでに付け加えてもう1本ボトルを持つ、ダブルボトル体制に切り替えます。

その時に使うのは

fc2blog_20150705224421fd0.jpg

この POLARボトル (右側)

こちらのボトルも2層構造になっていて、間にはアルミの保冷素材が入っています。
そしてこのボトルは飲み物を入れたまま ボトルを凍らせてもOK という物です。


fc2blog_20150705224436a8d.jpg

猛暑時はこれに水を半分ほど入れて冷凍庫で凍らせたり、氷水を入れたりして持って行き、ライド中にその水を体にかけます。
基本的には頭からかぶるのですが、聞いた話だとリンパを冷やすと良いらしいので、私は、股関節、首、ワキなどに水をぶっかけます。
こっちのボトルは常に水を入れておき、かぶるのをメインに使用しますが、もちろん飲むこともできるので水分補給時にも使用可能ですね。

後はライド中に水ではなく氷を買ってボトルに入れたりもします。
氷は飲み物に入れてもいいし、氷水としても使えるのでなかなか重宝しますよ。



そして、最後にロングライドで補給地点が少ない場合は

fc2blog_2015070522450608c.jpg

この一番右の ポディウムビッグチルボトル の登場です。

これはそのまま ポディウムチルジャケットボトル の大容量版ですね。
これも POLARボトル のように水や氷を入れて身体を冷やすの役目がメインになります。


と、参考になるかはわかりませんが、猛暑時のボトルの使用法はこんな感じです。



私の場合このことよりも普段使っているツールケースが使えない方が痛いんですけどね・・・


たぶん私のやり方より良い方法があると思うので、参考程度にして頂ければと思います。
真夏の熱中症は本当にやばいので気をつけてくださいね。








応援クリックありがとうございます。
励みになります







にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ





テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ほー、勉強になります。
通勤では季節天候関係なしで乗ってますが、夏のロングライドって一度もした事がないのです。
なぜかって、それは朝と夜でも暑いのに昼間なんて怖くて走れませんw

真夏の昼に走ってる方々マジでスゲーです。

寒いのはからっきしですが、暑いのはいくらでもなので(^^)v保冷ボトル使わないコーラです(^^)v
いっつもなんの変哲もない普通のボトル(夏は2本、冬は1本)使ってます♪
そういば身体に水かけたこともないですねぇ^^;
そもそもそんな長時間走りませんけどね(笑)

ボトルに氷を入れてもライド中は風を受けてすぐ溶けちゃいますね。だから、冷たいうちにできるだけ飲むようにしてます。

私はELITEのステンレス サーモボトルを夏場は使ってます。こちらは保冷は長持ちしますが容量が500ccと少ないので、氷を多目に入れて水を継ぎ足して飲んでます。

昨日のツール第2ステージは面白かったですね!
マイヨジョーヌの寿太郎くん可愛いです。

Re: タイトルなし

>>shinkさん

確かに夏場のロングはあまりしたくないですよね。
自転車には乗りたいんだけど、暑くて倒れそうになるっていう・・・

私はロングといっても早朝から昼前まで100km前後で済ませますけど、真夏に朝から晩まで200kmとか走る人はホントにすごいですよね。

Re: タイトルなし

>>コーラさん

コーラさんは暑さに強いですもんね。
一緒に走った時も結構暑いのにボトル1本だったような・・・

夏場って道志からぐるっと回って100km以上走ってませんでしたっけ?
しかもものすごいペースで。(笑)

Re: タイトルなし

>>ロキさん

そうですね。
なので、夏場は水よりも氷を買うことが多いです。
どうせすぐ溶けるし。

確かにステンレスなら保冷効果が高くて氷も溶けにくいでしょうね。
氷を入れるのをメインに使うなら効率良さそうですね。

第2ステージは嫁がテレビを見ていたので途中から見れませんでした。。。
マイヨロンパースは今だけしか着れないのでもったいないと思いつつ買っちゃいました。(笑)

寿司屋さん、こんにちは。

早速記事にしてくれてありがとうございます。

去年、クロスバイクで100km走った時に生温かい水で心が折れました…

それでサーモスの水筒を買ったんですが、サイズが微妙に合わなくて困ってました(T_T)

やはり定番が1番かもしれませんね。

また寿司屋先生にご講義してもらえるよう、悩みを考えておきます(^_^)

Re: タイトルなし

≫そばさん

こんにちは。
回答が前後してしまってすいません。

100kmだったらボトルの中をほぼ氷でスタートしてガンガン飲んじゃうしかないですね。
そして、冷たい物を買う。と。

サーモスだったらうまくハマればいいんですけどね。
後はロキさんがおっしゃっている自転車用のステンレスボトルですね。

先生と言われるほどいいもんじゃありませんが、また何かあったらよろしくお願いします。
プロフィール

寿司屋

Author:寿司屋
メタボ脱却の為に32歳にして自転車に乗り始めました。
スポーツ経験も無く、運動不足の運動オンチおじさんですが、それなりに楽しくやってます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


Feel free to follow me
Strava

↑↑↑
STRAVAのフォローはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
フリーエリア
STRAVA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。