あなたはトルク型?ケイデンス型?

こんばんは。
寿司屋です。


昨日は微妙な降る降る詐欺に見事にやられてしまいましたよ。。。

ちょっと濡れたかもしれないけど、午前中だけなら我慢すれば走れたなあ・・・


そんな週末でしたが、土曜日は私の実家で父の日パーティー。
日曜日は嫁の実家で父の日パーティーと2日続けてご馳走(?)とケーキでお祝いしてきました



私も父になったはずなんですがね・・・




そんなわけでタイトルのお話。

だいぶ前に
『小さなお悩みにお答えします!』
と宣言したものの、気付けば質問がくることもなくなっていた伝説の企画に久々にお悩み(?)が寄せられました。


内容は
『ペダリングのタイプとして〝トルク型〟〝ケイデンス型〟と分類されることがありますが、そのタイプを知る方法はありますか?』
といったもの。

はじめにハッキリと言わせて頂くと・・・

私もわかりません!!

しかし、せっかくのお悩みですから、自分も勉強の為に少し調べつつ、私なりの回答をさせて頂きますね。


まずはじめに、トルク型ケイデンス型 の線引きなのですが、コイツが話しをややこしくしているように思います。


私の持っているトレーニング本
高岡亮寛さんの「レースに勝つための最強ロードバイクトレーニング」

これに著者の高岡さんのケイデンスが書かれている一文があるのですが、高岡さんのケイデンスは

基本90rpm。
ヒルクライム時は80rpm。
高回転時は100rpmを超える程度。
最も高いパワーが出るケイデンスは80台後半。

だそうです。

これだけを見てトルク型なのか?ケイデンス型なのか?
と聞かれた時、私は人によって意見が分かれるのではないか?と思います。

ちなみに、高岡さんは自身でトルク型だと言っておられるので、そうなのでしょう。

そして、私のケイデンスは

基本100rpm前後。
ヒルクライム時は90rpm前後。
高回転時は110~120rpm。
最も高いパワーが出るケイデンスは95rpm付近。

と、おおよそ高岡さんのケイデンスに10足したくらいの数値になり、自分ではケイデンス型だと思っています。


そして、この本には続けてこんなことが書かれています。

自分が得意とするケイデンスを状況別に知っておくと良い。

つまり、
巡航時、ヒルクライム時、高回転時、最も高いパワーが出る時、まずはこの4つのシーンでの最適なケイデンスを自分なりに探し出してみること。

そしてそれがわかった時に、トルク型なのか?ケイデンス型なのか?は自分で決めちゃって良いのではないかと。


自分にとっての最適なケイデンスというのは、色々と試していく中で変化するものだと思いますが、同時にある一定のところで落ち着くものだとも思います。

そんなわけで、答えになっているか微妙なところではありますが、私からの回答は

トルク型か?ケイデンス型か?は自分にとって最適なケイデンスを探し出してそこから導き出すしかない。
が、特に明確な線引きはないので、そこらへんはノリで!!


ということになります。


そばさん、イマイチな回答ですいません。。。






応援クリックありがとうございます。
励みになります






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ
答えが出なそうな話ですね
パワーがあれば急坂でも回せるんでしょうけど、如何せんパワーないとそもそも回せない。
う~ん(-_-;)
しょうがないので晩ごはんを考えますね\(^o^)/

ん〜僕はどちらかというと平均ケイデンスは低めかもです。
平地で調子がいいのは80半ばから90半ばぐらいですかね。
とりあえず明日は多分ヤビツ行く予定なのでそこらへんみながら登ってみたいと思います(^ω^)

寿司屋さん、こんばんは。

わざわざありがとうございます☆

難しい質問しちゃって申し訳なかったです…

土日で乗れないので、平日の夜練を始めようと思ってるので、気にしながら走ってみますね(^_^)

因みに私は回せないし力も無い。

また寿司屋さんを困らせるネタが出てきたら質問させて頂きますm(_ _)m

平地は見てないので分かりませんが(笑)登りは多くて70回転?大体65前後で登っているコーラです(^o^)
自他共に認める残念なトルク型です(´д`)
回せないから登れないんですよね~(T^T)
そして脚が疲れたら千切れてしまうと(笑)

寿司屋さんみたいなケイデンス型が憧れでーす☆彡

あの時のお兄さんです!

こんばんは、隻眼と申します!
初めてのコメントに、緊張しております(-_-;)

富士ヒルの下山中に、ブログ見てますよ~。と声をかけさせてもらいました。すっごい有名ブロガーさんに会えたということで、心拍数はMAXでしたよ!あのバーテープはインパクトありますね♪

これからもコメント欄に顔を出させてもらえれば幸いです。よろしくお願いします!

そうです、ケイデンス型なんですよね。
常用を110にしてヒルクライムを100に高回転を120〜130とかに出来たらもっと早くなるますかね?w

まぁ、普通に考えると筋力上げてギア一段重くしてケイデンスキープの方がよさそうですよね。
って事でしばらくはケイデンス90以上は使わないように頑張りますw

そうそう、チェーンリングを格好いいという理由で52-36にしましたか?俺はそうなんですけどw
やっぱ50-34にしてスプロケ小さくした方が軽量化できたなぁなんて思いました(¯―¯٥)

No title

ちゃ~す!

平時:80前後
高速巡航時:100前後
マッハトレイン時:110オーバー
峠ヒルクラ時:40前後
山岳エリア:押し歩き

今の俺はこんな感じだけど、去年の秋口まではかなり脚力にモノ言わせて走ってた。
負荷を掛けず、回す事を意識してからは、疲労も軽減したし距離も乗れるようになったので、
現在はケイデンス型になったかと思ってる。

トルクかケイデンスか。と聞かれた山80から85。平地90から95と平凡な脚のr6です。
どちらかというとケイデンスだと思います。
会社の同僚で登りで70ぐらいの人がいるんで。心拍とケイデンス中心に登ってるんですが、いいんでしょうか?
後ローラー持ってないんですが、おススメありましすか?寿司屋さんの良さそうですよね。

Re: タイトルなし

≫豆粒さん

こんばんは。
ですよねー。
答えは自分で決めていいのかと。
私からすると高岡さんもケイデンス型な気がしますし。(笑)

そうなんです。
インナーローまで使い切ってしまうようなところだと結局パワーなんですよ。

私も強くなれるような夕飯のメニューを考えます。(笑)

Re: タイトルなし

≫輪たろうさん

大事なのはそこら辺を知っておくことですよね。
ヤビツは緩斜面が多くてそこそこ距離があるので、色々試せて楽しいんですよね。

帰宅したらケイデンス見てみると面白いと思います。
(ブログのネタにもできます)

Re: タイトルなし

≫そばさん

こんばんは。

いえいえ、こちらこそネタを頂けて助かりました。

夜練始められるんですね。
夜間は危険なことも多いと思いますが、趣味で楽しんでいることですからくれぐれもお気をつけください。
ペダリングは走っていれば後からついてきますから気にしなくて大丈夫ですよ。

よかったらまたご質問お願いしますね。

No title

なるほど~

勉強になりますな。

これに当てはめると自分はトルク型ですかね。

サイコン見なくても大体これくらいってのは分かるようになった為

ヒルクライム以外ではあんまり見てなかったから参考になりました。

No title

へぇ~勉強になりましたm(_ _)m

高岡さんと寿司屋さんの例にならうと、僕はかなり
トルク型でした(トルクがあるわけじゃないんですけど^^;)

基本:70~80
登坂:50~60
高回転:90~100
マックス:85~90くらい

ケイデンス上げると足(というか腰と股関節?)が
ついていかないし、軽いギアになってしまうと思うの
ですが、どうやって体のバランスを保つのでしょう???

Re: タイトルなし

≫コーラさん

素晴らしいトルク型ですね。

コーラさんは回さなくても登れてますよ。
だからパンチ力があるんすね!

自分は回せるけど踏めないので激坂だと即死です。(笑)
隣の芝生は・・・ってやつなのかもしれませんが、自分はトルク型に憧れてます。

Re: あの時のお兄さんです!

≫隻眼さん

こんばんは。
あの時はありがとうございました。

ダウンヒル中だったので、まともなご挨拶が出来ずにすみません。
ああ見えて実は『初めて声かけられたー!』と心の中で喜んでいたんですよ。(笑)

今まで特に声をかけられたこともなくて有名ブロガーという自覚がないので、そう言われるとちょっと照れますね。

そんなに崇高なブログではないのでいつでもお気軽にコメントして頂ければと思います。(笑)
これからもよろしくお願いしますね。

Re: タイトルなし

>>shinkさん

shinkさんは私よりもさらにハイケイデンスですよね。(笑)
ここからケイデンスを上げていくとおかしなことになりそうなので、ここからは重いギアを回せるようにしていこうと思うのですが、もしかしたらケイデンスを上げるのもアリなのかもしれませんよね。いや、ないか・・・

自分は見た目重視で52-39にしようと思ったのですが、ノーマルクランクで激坂に挑む自信がなかったので52-36にしました。
そして、インナーの小ささを隠すためにエアロのチェーンリングにしたんです。(笑)

普通に使うなら50-34の方がいいと思うんですけどね。
36Tにしたのは、これからもう少し重いギアを踏めるように!っていう覚悟も含まれていたりします。

Re: No title

>>茶さん

こんにちは。

なんだかずいぶんと振り幅の広い感じですね。(笑)
しかも押し歩きて・・・

もちろん単発で勝負かけるような時にはガンガン踏む方がいいんですけど、ロングライドとなるといかに疲労しないかが重要ですからね。
そんなことも探りながら自分に合うケイデンスを見つけるとまた一段階走りが変わるような気がします。

Re: タイトルなし

>>r6さん

ですよね。私もその情報を見るとケイデンス型なのではないかと思います。
むしろ、トルク型だと言っている高岡さんも私の間隔だとケイデンス型のような気が・・・

同僚さんはその方がそれで一番力を発揮できるならそのままでいいのではないでしょうか。
プロでも巡航時80rpm前後、登りだと70以下なんて方もいるようですし、心拍とケイデンスで管理して安定した走りが出来ればそれが正解だと思います。

ローラーはまず使用環境なんですよね。集合住宅だと3本ローラーはほぼ使えないと思います。
例えばですが、みつさんは『下でばーちゃんが寝てる』って理由で静音性の高いジャイアントのローラー台にしてましたし。

GTローラーは負荷もしっかりかけられる、実走感もそれなりにある、製品の作りは素晴らしい。とオススメできる要素は多いですよ。

あとはTACXのサトリSmartなんかは手頃な(高いけど)価格でパワー計測が出来たりするので、分析が好きな方はそんなのもいいかもしれませんね。

ローラー台って買ったはいいけど使わない方が多かったりするので、中古に抵抗がないならオークションで購入するのがオススメだったりします。

あとは、安く買いたいか?少し高くても良い物を買いたいのか?で変わってきますが、自転車と一緒で低価格の物とミドルグレードの物の差は結構あります。(静音性、負荷機能等)
これといった回答が出来なくて申し訳ないのですが、そんな感じですね。

Re: No title

>>MOONさん

私もほぼ憶測で書いているので絶対的な正解ではないんですけどね。
それに、自分の感覚だと高岡さんもケイデンス型なんじゃないかと思いますし。。。

基本的にサイコンとにらめっこしなくても感覚で『このくらい』ってことがわかっていればそれで十分だと思いますよ。
走っている時に気にすると、それに固執してしまうので帰宅後にデータで確認するくらいの方が気楽で良いと思います。

Re: No title

>>borikoさん

書いておいていうのもなんですが、憶測で書いていることが多いので鵜呑みになさらないでくださいね。(笑)
ちなみに、私は高岡さんもどちらかといえばケイデンス型だと思っています。

確かにborikoさんのデータだとトルク型っぽいですね。
基本的にギアはわりと軽め、というか快適に回せる中で一番重いギアを選択しています。
脚がついていかないとか、身体のバランスという部分だと、
腰をしっかり落ち着かせて、前傾した時にハンドルから手を放しても前に倒れないようなイメージ。
踏み込んだペダルで体を押し上げるような感覚といえばいいんですかね?
なんとなくやっていることなので上手く説明できないのですが、自分は走っているうちにケイデンスが上がっていって、ここに落ち着いた感じです。

以前向かい風は嫌いだとコメントさせて頂きましたので二回目ですね。
お久しぶりです。

トルク型かケイデンス型かのお答えが完璧だと思います。
平均の心拍数もケイデンスも結果なだけで最適解があるものではありません。
同じコースでギアの運用を縛った結果心拍数やケイデンスをみながら自分がどうなったかの指標なだけだと思います。

トレーニング環境がにているので勝手に親しみを感じています。これからもトレーニング頑張りましょう!
ちなみに僕は休みの日の早朝はお預けになりました(T_T)

Re: タイトルなし

≫まささん

お久しぶりです。
風は嫌いってので思い出しましたよー。

ほぼ憶測で書いているのですが、完璧だったんですかね?(笑)
確かに自分の特性なんかを把握しておけばそれで十分なんでしょうね。

親近感を持って頂けるとなんか嬉しいですね。
私もまささんに置いて行かれないように精進します。

休日走れないのは痛いですねー。
まあ、自転車より大事なものは多いでしょうからしかたないですよね。
走れる時に目一杯楽しみましょ。
プロフィール

寿司屋

Author:寿司屋
メタボ脱却の為に32歳にして自転車に乗り始めました。
スポーツ経験も無く、運動不足の運動オンチおじさんですが、それなりに楽しくやってます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


Feel free to follow me
Strava

↑↑↑
STRAVAのフォローはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
フリーエリア
STRAVA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR