スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒルクライムレースに出るのに平坦を走る

先週土曜日に参加した富士チャレンジ300(走ったのは100km)で両脚を攣ったのですが、やっと脚が回復してきました。

回復が遅いのは歳のせいなのでしょうか?

それとも、ただ単に私の回復力が無いだけでしょうか?

実は脚が攣ったんじゃなくて、肉離れだったりして・・・

いずれにしても、もっと強くならないといけませんね


最近の記事で何度も書いていますが、今月末の赤城ヒルクライムに向けてトレーニング&調整の日々なのですが、一つ問題がありまして・・・

ヒルクライムレースに向けてトレーニングをしているのに、上りを走れていないんですよね

今週は脚攣りのダメージがなかなか抜けないので平日は流して走っていたのですが、週末も土曜日は休日出勤、日曜日は午後から嫁とお出かけ、とあまり走れそうにありません。
(日曜日の午前中にどこまで走れるかがポイントになりそうですが・・・)

仕事もかなり溜まっているので来週からは平日に早出、残業を頼まれそうな感じです。


毎日早出、残業ではないと思うので、仕事前に1度くらいは峠に行けそうなのですが、峠と言っても名ばかりの丘なのでヒルクライムトレーニングとしては微妙なところ


そして、来週末は毎年恒例の友人達とのキャンプ

再来週はレース本番なので、このままだと本格的なヒルクライムトレーニングは出来そうにないんですよね。。。


開き直って平坦で強度を上げてトレーニングしようと思っているのですが、果たして意味があるのかどうか


まぁ今さらどうこうしても短期間で成果が出せるものでもないと思うのですが、 上りを走ってきたという事実があれば、それが自信に繋がる気がするんですよね。


本番までにそれなりの峠を1度くらいは走っておきたいのですが、無理そうだなぁ・・・

最後の手段は固定ローラーで高強度の1時間走ですかね。


みなさんはレース前1ヶ月(1ヶ月ありませんけど)はどんな感じで過ごしていますか?

やっぱり都合のいい裏技なんてありませんよね。。。





応援クリックありがとうございます。
励みになります






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: おそらく・・・

≫非公開さん

いつもありがとうございます。
知らないことが多かったので大変勉強になりました。

確かにカルシウムはあまり取れていないですね。
『不足している』と言ってもいいくらいです。

足関節は元々柔らかい方でしたし、柔軟性も自転車に乗ってからかなり良くなったので大丈夫な気がします。

レース前の一週間は回復走のみだったので、疲労の蓄積もあまりなかったように思います。

となると、神経系統に問題があるのかなぁ?という気がします。

文章だけで症状を上手く伝えられないのでなんとも言えませんが、自分でも攣ったにしては改善するまでの期間が長いと思うので、やはり軽度の肉離れなのではないかと思います。
富士ヒルクライムでは攣った状態から10km以上、富士チャレでは60km以上走り続けたので、そんなことも状態を悪化させた原因なのだと思います。

走行後のケアに関しては冷やしたら良いのか、温めたら良いのかもわかっていませんでしたし、湿布を貼って適当に足をモミモミしていた程度だったので大変参考になりました。

結局のところ1番足りていないのは〝睡眠〟のような気もしますが、仰るとおり自分に出来る範囲で取り入れて実行していきたいと思います。

ありがとうございました。
プロフィール

寿司屋

Author:寿司屋
メタボ脱却の為に32歳にして自転車に乗り始めました。
スポーツ経験も無く、運動不足の運動オンチおじさんですが、それなりに楽しくやってます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


Feel free to follow me
Strava

↑↑↑
STRAVAのフォローはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
フリーエリア
STRAVA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。