富士ヒルクライム ~当日レース編~

最近なんとなく書いていた冒頭の無意味な文章に自分自身が苦しめられていると感じ始めました。

ということで、前回の続きから書いていこうと思います。


あっ、どうも僕です


前日は9時に就寝して当日の起床予定時間は3時30分。

就寝時には起きれるか不安でしたが、3人揃ってアラームが鳴る前に起床



当然ですが外はまだ暗い。
でもうっすらと富士山が見えましたよ




とりあえず前日に買った朝食を食べて身支度。

ショップジャージを着たらなんかちょっとだけ気合いが入ってきた

軽量化も無事(?)に済ませ、宿を出ます。

朝早かったので前日に清算を済ませ暗い中出発したのですが、宿のお母さんがお見送りしてくれました


Sさん、Oさんは北麓公園の駐車場が当たったのですが、私はくぬぎ平スポーツ公園が駐車場所だったので
『会場で会いましょう』
とお別れ。

駐車場に車を停めて自転車を組み立て、フロアポンプで空気を入れたら準備完了。

下山用の荷物を背負って会場に向かいます。

駐車場から会場までは微妙に遠くて、軽いアップダウンもあったのでちょっとしたウォーミングアップになりました

会場に着いてSさんに電話をしてみると、Oさんと別々にアップしているとのこと。

3人とも集合場所が違ったので、
『ここからは別行動にしましょう。』
ということで健闘を誓い合って携帯を切る。

ここで下山用荷物と一緒に携帯も預けてしまったので画像は残っていません




荷物を預ける前に撮った最後の画像。
なんでこんなの撮ったんだろう・・・


7時から5分おきにスタート(だったかな?)していくのですが、私は第11ウェーブ。

スタートは8時です。

これが今回一つめの失敗。

申告タイムでグループ分けされるのですが、どれくらいで走れるかわからず遠慮して申告タイムを2時間にしてしまいました。

スタートまで暇で暇であちこちウロウロ。

おかげでだいぶシューズがすり減りましたよ

徘徊している途中で、同じショップジャージを着たお父さんに話しかけられだいぶ時間を潰せました。

このお父さん、75歳だそうで目標は2時間切りとのこと。

私より一つ早い第10ウェーブでスタートするらしく、
『そうとう追い抜かないといけないから大変だよ
と散々言われました

そのまま時間を潰し、私のいる第11ウェーブも会場に向かって移動が始まります。

会場まで歩きゲートの少し前あたりでスタートの合図を待ちます。

なんかよくわからない偉い人のピストルでパレードランがスタート。

計測地点まで1kmちょっとの移動が始まりますが、さすが申告タイムが遅めの組だけあってパレードランで息切れしている人もチラホラ。

ここでもさりげなく前の方に上がって行きます

スバルラインの料金所付近まで来ると、
なにやらピーピー音がします。
どうやらその音がしているラインを越えると計測が開始されるっぽい。

そのラインを越えると同時にガーミンのスタートボタンを押して、レーススタート

スタートした瞬間からすでに前方は大渋滞。

右に左にかわしながら上がって行きますが、前方が詰まって行き所がなくなってしまったりして思うように走れません。

スタート直後はわりと勾配がキツイと聞いていたのですが、10%ないくらいの道が続いています。

淡々と走り3kmほど進んだところですでに自転車を押している人や、路肩に座り込んでいる人がいました。

道はさらに渋滞

右に左にかわすゲームは続きます。

緩いところはガンガン上げて、キツイところは淡々と走るように心がけますが、上げた瞬間前方が塞がってブレーキをかける場面が数回ありました

10km地点を通過してタイムは40分くらい(はっきり覚えていません)

20kmでゴールなので1時間30分切りにはまずまずのタイムです。

当日までに試走が出来ず、20kmの上りを走り続けた経験がないので脚を使いすぎない程度に回していきます。

相変わらずの渋滞を走り続け、もうすぐ20km地点というところで全長が24kmであることを知ります

1時間30分切りは絶望的。
ですが、とりあえず出来るだけ速く

20km地点の山岳スプリットポイントを過ぎて少し走ると平坦区間。

ギアをアウターに入れて踏みまくります。

38km/hくらいまで上げて残った力を振り絞る。
そして失速・・・

平坦区間が終わった最後の上りをダンシングでヘロヘロになりながらゴール


タイムは1時間31分でした






下山用の荷物を受け取って、とりあえずそこらへんの風景を撮影。

かなり疲れていたみたいで、よくわからない画像がいっぱいありました



五合目は雪が残っていましたが、この日はかなり暖かかったので夏用ジャージ上下にウインドブレーカーだけでも余裕で下山できました。


下りも先導車がゆっくりだったので、特に危険な場面もなく無事に下山。



無料の吉田うどんを頂いて、私の初レースは終了しました。

目標の1時間30分切りはできませんでしたが、とても楽しい時間を過ごすことができました。

来年もまた参加したいと思います。


それと・・・
目標達成できなくて、おじさんはちょっと火が着いちゃいましたよ





応援クリックありがとうございます。
励みになります




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした。
当たり前な質問ですが、タイムが1時間31分ということはその時間ずーっと上り続けているんでしょうか?休憩なしで⁇
ヒルクライム恐るべし。

Re: タイトルなし

> きーぼーさん

速い人は当然もっと短い時間になりますが、1時間30分の間基本的には休憩なしで上りっぱなしです。

平坦で1時間以上ノンストップで走れる場所はなかなかないけど、ヒルクライムだとそれが可能なので楽しいですよ。
プロフィール

寿司屋

Author:寿司屋
メタボ脱却の為に32歳にして自転車に乗り始めました。
スポーツ経験も無く、運動不足の運動オンチおじさんですが、それなりに楽しくやってます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


Feel free to follow me
Strava

↑↑↑
STRAVAのフォローはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
フリーエリア
STRAVA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR