スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの男とヤビツ峠TT ~逮捕されるかと思った~

GWは明日までの方が多いでしょうが、私の会社のGWは今日まで。


天気予報では降水確率が50%と怪しかったのですが、会社の後輩すぐる
『午前中なら大丈夫』
としつこく誘うのでヤビツ峠に行って来ました。


9時に善波トンネルの手前にあるコンビニで待ち合わせ。

の予定でしたが、朝起きると天気が怪しすぎたので
『どうする?』
とすぐるにLINEでメッセージを送る。
『どうしましょうか?』
という返信の後グダグダとした答えの無いやり取りが続き8時30分頃
『とりあえず出発します
と脅迫とも取れるメッセージが送られてきます。

行く気がほぼゼロでパジャマのままだったのですが、仕方がないので
『今から準備する。』
と返信してダラダラと支度。

急ぐ気も全くなかったのでゆったりとペダルを回し9時30分頃に待ち合わせのコンビニに到着。

すぐるはまだ来ていないようなので、ここで朝食。
コンビニで買ったおにぎりを食べているとすぐるが到着。

善波のだる~い坂を走って名古木交差点を目指します。

『去年はこの坂が結構キツく感じたんだけど、なんともなくなっちゃったね。』
なんて会話をしながら走ります。

名古木交差点に着くとすぐさまTT開始。

しかし、5mくらい走ったところで警察官に
『はーい、ちょっとこちらにお願いしまーす』
と駐車場のようなところに誘導される。

『何もした記憶ないけど、なんかしたかな・・・』
と思いながら指示に従って停車すると、

『自転車の方に注意喚起しています。』
とビラを渡され、
『下りは特に気をつけて走ってくださいね。』
と言われただけでした。

仕切り直して再びスタート。
今度は信号に捕まります

若干イラついているすぐるに
『もうコンビニから計ろうぜ。。。』
と提案し、コンビニから再計測。

コンビニスタート後、すぐるが一気に飛び出し一瞬で置いていかれます。

蓑毛の直線での差は50mくらい。

少しペースを上げるか悩みましたがマイペースで淡々と走ります。

差はどんどん広がり100mくらい。

その後もマイペースで走り、差は変わらず菜の花台を通過。

この辺りですぐるのペースが落ちてきます。

焦らず淡々とペダルを回し、後半の舗装が綺麗な勾配の緩いところでついにすぐるに追いつきます

ゴールまではあとカーブ2つくらい。

ギアをかけてダンシングで一気にぶち抜きます。

そのまま最終コーナーを曲がって最後のひともがき。



と思ったら、まだゴールまでカーブ6つくらいありました

アタックをかけて出し切ってしまい、後ろから来たすぐるにサクッとパスされます。

ゴール前で完全に失速してしまい、そのままヘロヘロでゴール。

結局前回より40秒タイムを落としてしまいました。

天気の悪さも手伝って頂上はガラガラ。




久々にヤビツ峠の看板前で撮影したらウインドブレーカーを着てさっさと下ります。

下っている途中で午後から降るはずだった雨に軽く降られてコンビニに避難。

ホットコーヒーで一服してこの後どうするか?の作戦会議。

このまま走りに行くちょうどいい場所もないので私のお世話になっているショップに寄ってみることにします。

ショップでは店長と一緒にすぐるにFOCUSをゴリ押し。
金銭感覚がおかしくなったすぐるは40万近い自転車を
『これお買い得っすね
と言っていました。

その後、小腹が空いたのでコンビニで軽めに食べて帰宅。

なんだかんだで走行距離80km、獲得標高も1000m超えとボチボチのサイクリングでした。


長かったGWも今日で終わり。

もうちょっと走りたかったなぁ。







応援クリックありがとうございます。
励みになります





にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

寿司屋

Author:寿司屋
メタボ脱却の為に32歳にして自転車に乗り始めました。
スポーツ経験も無く、運動不足の運動オンチおじさんですが、それなりに楽しくやってます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


Feel free to follow me
Strava

↑↑↑
STRAVAのフォローはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
フリーエリア
STRAVA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。