スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BBのベアリングを交換しました

こんばんは。
寿司屋です。


今日は昨日までの続きを書くつもりでしたが、ちょっと予定を変更しまして違ったお話を。


さてさて、GWも終わり早速今日から休日出勤などしている私ですが、本格的な自転車シーズンに入って各地で楽しげなイベントが行われているようですね。




GSR


佐渡ロングライド


他にもまだイベントが企画されているようで、グランフォンド軽井沢なんかも開催されるみたいですね。
TwitterのTLを見るのがツライわ~


来週もハルヒルやらAACRやらとイベントが目白押しだそうで。。。
私は子供の誕生日ががが



ということで、タイトルのお話です。

現在トレーニング機として頑張っている先代IZALCOさんですが、BBから音鳴りがし出したので先日ショップで点検してもらいました。

ちなみにIZALCOさんのBBの規格は悪名高い BB30

『BB30 異音』で検索すると対処法等の情報がバンバン出てきます。


ただこの異音もちゃんと整備していればさほど出るものではないらしく、私自身も3年弱乗り続けて異音が出たのは初めてのことでした。
(CAAD10の初期のBBがあまりよろしくないとかなんとか・・・)

点検してもらった日はBB(?)にゴミが入ってしまったことが原因なのでは?とのことでクランクを取り外し、清掃後組み付けてもらっただけで異音が消えました。

しかし、それから3日ほどで再び異音がするように。。。


再び店長に診てもらったところ、『1度バラしてみた方が良いかも?』というので今度はBBを取り外して確認してもらったのですが、どうやらBBのベアリング(って言うんですかね?)が逝きかけていたようなので、ベアリングを打ち替えてもらいましたよ


結果、異音はもちろん無くなったんですけど、なんかクランクがメチャクチャ軽くなった気が
(たぶん気のせい)

店長の話だと走行距離や乗り方にもよるそうなのですが、BB30は年1回くらいの頻度でベアリングを交換した方が良いそうです。
しかし、何度もBBの圧入を繰り返しているとガバガバになってしまうとかなんとか。


次にベアリングがダメになったら・・・





応援クリックありがとうございます。
励みになります






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
フレームはもう買えない!!












スポンサーサイト

テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

GTローラーの負荷調整レバー交換したよ

こんばんは。
寿司屋です。


GWまであと2日。
我が社には祝日がないので明日29日は平日と同じくお仕事なのです。。。

ということで今日は書き上げるのに苦戦しておりましたGTローラー負荷調整レバー交換の件です。
ちなみに、私が使用しているのは現行モデルのFLEX3ではなくFlex2という1つ前のモデルになります。
Flex2以外のモデルを使用されている方が修理をする際は方法や工程が変わると思いますのでご理解いただければと思います。

では本題に入りますね。

まずはこれまで何度か記事にしましたが
fc2blog_20160414182318749.jpg fc2blog_20160414182359352.jpg
こちらが折れてしまった負荷調整レバーになります。


そして
fc2blog_20160423211926ea7.jpg fc2blog_20160423211938774.jpg fc2blog_20160423211949f9c.jpg
こちらが販売元のグロータックさんから送られてきた交換用のレバーとワイヤー。


補修部品が送られてきた時、私は『レバーだけ交換すれば良い』と思っていたのですが、色々と確認してみると
fc2blog_2016042809495885d.jpg
ワイヤーの先にエンドキャップが付いているのでレバーを交換するには既存のワイヤーを切らなければいけないようです。


ということで、自身でレバーの交換を行うには

ワイヤーカッターが必要となります。

もしかしたら気合でなんとかなるかもしれませんが、安い物でもひとつ持っておくと良いでしょう。
必ずしも安かろう悪かろうではないのかもしれませんが物によっては使い勝手や切れ味が悪かったりするので、数百円の差であれば信頼できるメーカーの物を選ぶと良いかもしれませんね

まあ、どんな物を選んでもこの程度のワイヤーが切れないということはまずないと思いますが・・・


それ以外にはプラスドライバーとペンチ、小さいスパナ(何mmかわかりません)を使います。
ペンチはエンドキャップをカシメる時とワイヤーを引っ張る時に使いますが、ほとんどのワイヤーカッターはエンドキャップをカシメることが出来るのでペンチは使用しなくて良いかもしれません。
スパナはこの作業では大きい力がかからないので私は小型のモンキーレンチを使用しました。
ドライバーで負荷調整レバーの固定ネジを回す時に逆側のナットが抑えられれば良いのでナットに傷が付くかもしれませんがペンチでもなんとかなります。(力がある人は手でも?)


ということで使用する工具をまとめておくと
・プラスドライバー
・ワイヤーカッター(ワイヤーを切断出来れば何でもok)
・スパナorモンキー(ナットを抑えることが出来れば何でもok)
・ペンチ(エンドキャップをカシメることが出来れば何でもok)
この4点が必要あると作業が楽になります。


それでは交換作業に移りますね。

fc2blog_20160428094915447.jpg
まずこのナット(逆は+ネジ)部分を緩めてレバーをアームから取り外します。

fc2blog_20160428094926d3f.jpg
レバーの下に黒い樹脂のパーツがもう1つ付いているので同じく取り外します。

fc2blog_20160428094940cc0.jpg
これでアームからレバーが切り離されました。

次はワイヤーを切断するのですが
fc2blog_20160428095215229.jpg
この負荷調整ユニットを先に外しておいた方が作業が捗ります。
どうせ外さなければいけない部分なので外してしまいましょう。


上下に付いている+ネジを回すだけなので簡単に外せます。
fc2blog_20160428095038ce6.jpg fc2blog_20160428095111ae0.jpg
バネが入っていますがエンドキャップが付いているのでぶっ飛んでいくことはありませんよ

ここまできたらワイヤーを切断しましょう
fc2blog_20160428095252748.jpg
ワイヤーが緩んでレバー側に隙間が出来るはずなのでこちらから切断する方が作業しやすいと思います。

fc2blog_20160428095304ef4.jpg
ズバッといっちゃってください


あとはレバーと樹脂パーツにワイヤーを通して負荷ユニットに繋げば良いのですが、切断した既存のワイヤーはまだ引き抜かないでください。

fc2blog_20160428095316e96.jpg
負荷ユニットにはこんな風にワイヤーが通っているのですが、既存のワイヤーを先に抜いてしまうと・・・




負荷をかける為の強力な磁石が合体してワイヤーの通る隙間を塞いでしまいます
(私は先にワイヤーを抜いて失敗しました)

既存のワイヤーを引き抜く前に磁石の間に何かを挟んで隙間を確保しておくのが良いかと思います。

ちなみに私はやらかしてしまったので、マイナスドライバーを無理やりブッ刺し隙間を作りました。
おかげで磁石に傷が・・・



そこまで出来たらあとは元の通りに組み付けていくだけです。


※撮影し忘れたのでレバー交換前の画像です

レバーと樹脂パーツにワイヤーを通して




負荷ユニットも元と同じように組み付け。
※ここでエンドキャップを付けて余分なワイヤーを切断してください



負荷ユニットをローラー本体に固定して




レバーをアームに固定すればokです



あとはレバーを動かしてみて



負荷調整ユニットが正常に動けば完成

お疲れ様でした



ちなみに今回のレバー交換作業は私が自分なりにやってみたことなので、正式な作業手順とは異なります。
正式な手順書があるのかわかりませんが・・・
ご自身で修理される場合は自己責任でお願いしますね。



最後に
ワイヤーのエンドキャップが当たってカチカチ音がする時は

このボルトを回していい感じにワイヤーを張ってください。


それと組み付けが悪いと負荷ユニットが引っかかって動かなかったりしますが、焦らずにやり直せば力を入れなくてもスムーズに動くはずですから、力技で壊してしまわないようにしてくださいね

ポイントはバラす前にどこがどうなっているか確認して覚えることですよ


ここから購入してもらえると私にお小遣いが(ry






応援クリックありがとうございます。
励みになります






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
自信がなければ購入店に頼みましょう!!







テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

Rotor Power LT ぶっ壊れたかと思ったらただの電池切れ

こんばんは。
寿司屋です。





キリ番ゲットーーー!!!

いや~自分で踏むと虚しいもんですね。。。



そんなわけで、あまりにも実走の機会がなくてブログのネタに困っていたのですが、仕事前にローラーでも回そうと思い準備をしていると、パワーメーターがまさかの無反応。

ただの電池切れだろうと思い交換作業に取りかかります。

作業といっても

①クランク部の電池カバーを外す
(ペットボトルの蓋を開けるようなもん)



②切れた電池を取り出す



電池はCR2477というタイプのボタン電池。
交換用に予備があった方が良いと思い少し前にamazonで購入していました。
値段は400円くらいだったかな?




③新しい電池を入れる



④電池カバーを締める


以上。
時間にして1~2分ですね。


早速クランクを回してみると・・・






申し訳ないくらい普通に反応しました



ということで今日はメンテナンス記録も兼ねてこんな更新で終わりです。



ただ、明日はいい感じの記事が書けそうな気がしてます。


実は、パワーメーターと心拍計、両方でSST(スイートスポットトレーニング)をやってみて比較してみたのですが、結構違いがありましてね


明日はそのことを書いてみようかなー。なんて思っておりますのであまり期待せずにお待ち頂ければと思います。




応援クリックありがとうございます。
励みになります






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ




テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

MAVIC R-Sys系のリア金属スポークが切れた時の処置方法


こんばんは。
寿司屋です。


先日の都民の森ライドで天に帰ってしまった

fc2blog_20150817192925370.jpg

R-Sysのリアスポーク


これまでの使用距離は約2万km。

ショップに修理をお願いしましたが、切れたスポークを1本だけ交換してもそのうち他のスポークが切れてしまうだろうと思い、
金属スポークはすべて交換してもらうことにしました。



そして今日
fc2blog_2015082620402564d.jpg
無事に修理が完了して私の元に帰ってきました
おかげさまでスポークが切れてから一度も走行せず修理に出すことが出来たので、出費は思ったより少なく済みましたよ
都民の森ライドに参加されたみなさん、本当にありがとうございました



しかし、スポークが切れた後の処置が遅かったのでリムがほんの少し歪んでしまったんですよね・・・
fc2blog_2015082221491441c.jpg
(こんな感じでガタつきを確認したらちょっとだけ歪んでました)



ということで、同じ状況になってしまった方の為に、スポークが切れた時の処置方法を書いておこうと思います。



R-Sys系のリアホイールはドライブ側が金属スポーク、反対側は中空カーボンスポークになっています。
MAVICでこのタイプのリアホイールを使っているのは
・R-Sys
・R-Sys SLR
・KSYRIM SR
・KSYRIM SLR
・KSYRIM 125
他にもあるかもしれませんが、上記のリアホイールは全てこのタイプだったと思います。


カーボンスポークが折れる(切れる)ことは稀らしいので、今回記事にするのはドライブ側の金属スポークが切れた場合の処置方法になります。


まず、スポークが切れてしまったら出来るだけ走行しない方が良いのは当たり前なのですが、出先でトラブルが起きた場合はそうも言ってられませんよね。

結果として どうにかして帰宅する か、近くの自転車店に駆け込む といったところになると思います。

その日のうちにプロに修理をお願い出来れば良いのですが、営業時間に間に合わなかったり、私のようにショップがお盆休みに入っていたりすることもあるでしょう。


そんな風に何らかの理由で当日中にプロに見てもらえなかった場合、自分である程度処置をしておかないとリムが歪んでしまうのだそうです。

リムが歪む原因は、スポークテンションのアンバランス(っていうのかな?)
ようは引っ張り合ってバランスを保っていたスポークの1本が切れてしまったことにより、全く引っ張られない箇所と、強烈に引っ張られる箇所が出来てしまうのだそうです。


ここで切れたスポークを自身で交換することが出来れば一番良いのですが、もし替えのスポークを持っていたとしてもほとんどの人がこの作業を出来ないと思います。


ではどうするか?
均等に引っ張れないなら、スポークを全て緩めてしまえばいいんです。


fc2blog_20150826204036a22.jpg
使う道具はこれです。

このタイプのホイールを購入すると、このタイヤレバーのような工具が2つ付いてくると思います。

fc2blog_201508262040487e7.jpg
2本、裏と表です。

このレバーの
fc2blog_20150826204154a8d.jpg
Y字になっているこの部分
丸くギアのような形になっているのがわかると思います。


これが
fc2blog_20150826204127af6.jpg
この丸の部分

fc2blog_20150826204142f18.jpg
これもニップルというんでしょうか?


先ほどのレバーのY字部分がニップル回しとして使えるようになっています。

なので
fc2blog_201508262042065e9.jpg
こんな風に金属スポークを緩めていけばいいのですが、
これだけだとニップルと一緒にスポークも回っちゃうんですよ。


それで、扁平スポーク用の回り止め工具が必要になるのですが


なんと!!




fc2blog_201508262042345c4.jpg
タイヤレバー内側のこの部分。

これが回り止め工具として使えるようになっているんです。


fc2blog_20150826204249b58.jpg
こんな感じでスポークを挟んで使います。


fc2blog_2015082620430864d.jpg
引いた画像だとこんな感じですね。


こんな風にスポークの回りを押さえつつ

fc2blog_20150826204320e2d.jpg
ドライブ側の金属スポークを緩めます。
(テンションバランスを考えると折れたスポークの対角側から緩めると良いような気がします)

この時、1箇所を一気に緩めるのではなく、1~2回転ずつ順番に緩めていってください。
(テンションが1箇所に集中するのを防ぐ為)

それと、回り止めはリム近くを押さえるようにしてください。
ハブ付近を押さえると首がねじ切れてしまうそうです。

あとは、固着して回りにくい部分があったりするので、力技でなんとかしようとせず、他の部分を緩めてテンションが下がってきてから回すようにしてみてください。

そして、全部のスポークがだるだるになるまで緩まったら処置完了

ちなみに反ドライブ側のカーボンスポークは緩めなくても良いそうですよ。



ということで、ショップの店長に教わった方法をそのまんま書いてみたのですが、いかがだったでしょうか?
同じトラブルで困った人がいた時に少しでも参考になると良いのですが。。。









応援クリックありがとうございます。
励みになります











にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ












テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

またしてもフレームに異常事態発生・・・

こんばんは。
寿司屋です。


暑い日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は涼しい部屋でローラー台に乗る日々です。

そして今日も休日出勤
明日こそはお外を走りたいです・・・


ということで、明日はショップのクラブライドがあるので、ちょっとお邪魔してこようかと思う今日この頃なのですが、実はフレームに異常事態が発生しましてね。。。


先日の修善寺5時間耐久レースの途中、給水しようとボトルケージに手をかけ、ボトルを引き抜こうとしたのですがなかなか取れない

レースはチーム戦だったので、自分の周回を終えピットでボトルケージを確認すると・・・


『あれ?』




※画像は後日撮影しました

ボトルケージの台座がズボズボなんですが・・・


とりあえずレース中はシートチューブのボトルケージを使って走ったのですが、このままではマズイということでショップに修理をお願いしました。

早速ボトルケージを外してみると





うむ。。見事なえぐれっぷりです。


さらに



シートチューブ側のボトルケージも





このラバー部分が



裂けて使えなくなっていたっていう・・・
これも交換です。


ズボズボになってしまった台座は新しい金具をエポキシで接着してもらいました。





エポキシを付けた金具を、なんかよくわからない工具でグイグイっと。



見た目が変わっちゃいましたが、どうせボトルケージで見えないのでOKでしょう

8時間後に硬化するらしいのであとは待つだけです。


これで明日のクラブライドはなんとか乗り切れそう

明日もかなり暑くなるようなので皆さんも熱中症に気をつけつつサイクリングを楽しんでくださいね。





応援クリックありがとうございます。
励みになります






にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ







テーマ : ロードバイク
ジャンル : スポーツ

プロフィール

寿司屋

Author:寿司屋
メタボ脱却の為に32歳にして自転車に乗り始めました。
スポーツ経験も無く、運動不足の運動オンチおじさんですが、それなりに楽しくやってます。

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村


Feel free to follow me
Strava

↑↑↑
STRAVAのフォローはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス
フリーエリア
STRAVA
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。